Global Education Center (GEC)早稲田大学 グローバルエデュケーションセンター

About the Center

センター概要

"Introduction to University Mathematics" Series

「数学基礎プラス」シリーズ

「数学基礎プラス」シリーズは、すべての学部学生、特に人文社会系の学生を対象とし、身近なテーマを通して数学の基礎知識を身に付けるのと同時に、数学的な論理的思考力を養える科目です。金利などのテーマを、初級レベルからステップアップして学ぶことができます。オンデマンドの授業で不明点があればメールやBBSのほか、「対面指導室」(早稲田キャンパス(3号館2階「Math and Stat Center(MSC)」)/所沢キャンパス(所沢キャンパス図書館内))でLA(Learning Assistant)による指導を受けることも可能です。

レベル分け問題

「数学基礎プラス」シリーズには「初級レベルのα」「中級レベルのβ」「上級レベルのγ」の3つのレベルがあります。 どの科目から履修するかについては以下のレベル分け問題で目安を判定できますので、履修登録前に必ず確認してください。

レベル分け問題(金利編)

>>>>>>>>>>>>>金利編解答

レベル分け問題(最適化編)

>>>>>>>>>>>>>最適化編解答

科目名 履修の目安
β(金利編) 1.α(金利編)の単位を修得している。
2.「レベル分け問題(金利編)」の判定で「β(金利編)」の履修目安を満たしている。
β(最適化編) 1.α(最適化編)の単位を修得している。
2.「レベル分け問題(最適化編)」の判定で「β(最適化編)」の履修目安を満たしている。
γ(線形代数学編) 1.β(最適化編)の単位を修得している。
2.「レベル分け問題(最適化編)」の判定で「γ(線形代数学編)」の履修目安を満たしている。
γ(解析学編) 1.β(金利編)の単位を修得している。
2.「レベル分け問題(金利編)」の判定で「γ(解析学編)」の履修目安を満たしている。

さまざまな分野で活用される数学

さまざまな学問分野で活用される数学について、動画でご紹介します。
※再生の前に「オンデマンド授業受講環境」をご確認ください。

Math and Stat Center(MSC)

msc_signMath and Stat Center(MSC)では、オンデマンド形式で実施している「数学基礎プラス」シリーズおよび「統計リテラシー」の履修相談を受け付けています。各科目の内容でわからないことがある場合には、メールやBBSに加え、Math and Stat Centerを利用することによりTAの対面によるサポートを受けることが可能です。Math and Stat Centerは早稲田キャンパス3号館2階にあり、常時5名ほどのTAが待機しています(「数学基礎プラス」シリーズでは、所沢キャンパスでの対面指導の機会も設けられています)。 室内はとても和やかな雰囲気で、ラウンジ感覚で気軽に立ち寄れるのが魅力。学生からも「TAのサポートが役立った」という声がたくさん届いています。Math and Stat Center(MSC)の利用方法や開室時間は、Waseda Moodle上にある各科目のお知らせ等で掲載しています。各科目の履修者の方は、積極的にご活用ください。 2013p8_サポート風景

表彰式の様子

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/gec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる