Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

【野球部OB】メジャーリーガー青木宣親選手(2004年人間科学部卒)が日米通算2000安打を達成!-日本人選手で史上7人目

アメリカ・メジャーリーグ、ヒューストン・アストロズの青木宣親選手が、6月11日のエンゼルス戦で、日本人選手で史上7人目となる日米通算2000安打を達成しました。青木選手は、日本のプロ野球で8年間、大リーグ6年目での達成となり、日本人選手ではイチロー選手、松井秀喜さんらに続く7人目の快挙です。

 日米通算2千安打を達成し、記者会見で笑顔を見せるアストロズ・青木宣親外野手=11日、ヒューストン(共同)

日米通算2千安打を達成し、記者会見で笑顔を見せるアストロズ・青木宣親外野手=11日、ヒューストン(共同)

青木宣親選手の活躍

青木選手は、2000年、宮崎県立日向高校から指定校推薦で早稲田大学人間科学部に入学し、早稲田大学野球部に入部。大学3年時の東京六大学野球秋季リーグ戦で首位打者を獲得するなど、大学3年春季から大学4年秋季までの早大野球部史上初4連覇に貢献しました。

人間科学部卒業後、2004年にヤクルトスワローズに入団。2005年に新人王獲得。また2005年と2010年にプロ野球史上初の2度の200安打を記録。 首位打者3度。ベストナイン7度、ゴールデングラブ賞6度など活躍されました。WBCでは日本代表として出場し、侍ジャパンの2度の世界一に貢献。2012年からメジャーリーグ5球団(ブルワーズ、ロイヤルズ、ジャイアンツ、マリナーズ、アストロズ)で活躍し、2014年にはロイヤルズのア・リーグ制覇にも貢献しました。

 エンゼルス戦の6回、左前打を放ち、日米通算2千安打を達成したアストロズの青木宣親外野手=11日、ヒューストン(共同)

エンゼルス戦の6回、左前打を放ち、日米通算2千安打を達成したアストロズの青木宣親外野手=11日、ヒューストン(共同)

青木選手も参加した東伏見での野球教室イベント

青木選手は、2016年12月、安部磯雄記念野球場(西東京市東伏見キャンパス)で開催された野球教室イベント「Hello!WASEDAプレイボールプロジェクト~野球を始めよう、楽しもう、学ぼう~」に参加しました。早稲田大学野球部OBのソフトバンク・和田毅投手、DeNA・須田幸太投手、日本ハム・斎藤佑樹投手、千葉ロッテ・中村奨吾内野手、北海道日本ハム・有原航平投手らと共に、地域の野球少年と交流し、野球の楽しさを通じて、夢や目標に向かって全力で取り組むことを伝えています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる