Institute of Comparative Law早稲田大学 比較法研究所

News

ニュース

[叢書39]ウルリッヒ・ズィーバー著/甲斐克則・田口守一監訳 「21世紀刑法学への挑戦―グローバル化情報社会とリスク社会の中で―」(2012)

分類 タイトル 執筆者名
[はしがき] 日本語版へのはしがき ウルリッヒ・ズィーバー i-ⅱ
第Ⅰ部 中心的な問題への導入:フライブルクのマックス・プランク外国・国際刑法研究所における新たな研究プログラム 1 刑法の限界 甲斐克則[監訳]/小野上真也/新谷一朗/辻本淳史[訳] 3-81
第Ⅱ部 グローバル化の挑戦 2 ヨーロッパ刑法の将来 田口守一[訳] 83-158
3 刑法調和化の背後にある力 松田正照[訳] 159-199
4 変わりゆく比較刑法 甲斐克則[監訳]/伊藤嘉亮/天田悠[訳] 201-267
第Ⅲ部 リスク社会の挑戦 5 テロによる暴力の全段階における危殆化犯の正統性と限界 甲斐克則/萩野貴史/岡部雅人/辻本淳史[訳] 269-307
6 企業刑法におけるコンプライアンス・プログラム 甲斐克則/小野上真也/萩野貴史[訳] 309-357
7 リヒテンシュタイン事件における捜査 甲斐克則/福山好典[訳] 359-378
第Ⅳ部 情報社会の挑戦 8 グローバルなサイバースペースにおける複雑性の統御:コンピューター関連刑法の調和化 甲斐克則/新谷一朗[訳] 379-471
9 インターネットにおける児童ポルノ遮断義務 二本栁誠[訳] 473-501
10 現代情報技術の条件下における医師・患者間の秘密の刑法上の保護 甲斐克則[監訳]/岡部雅人/一家綱邦/小野上真也/新谷一朗[訳] 503-545
監訳者あとがき 甲斐克則/田口守一 547-555
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/icl/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる