Graduate School of Japanese Applied Linguistics早稲田大学 大学院日本語教育研究科

For Current Students and Graduates

在籍生・修了生等の方へ

Research Ethics Procedures

研究調査倫理に関する手続き

日研では、日本語教育に関する研究調査について、日本語教育研究センターと共同で「研究調査倫理ガイドライン」を策定し、運用しています。早稲田大学で人にかかわる日本語教育研究調査を実施しようとする場合は、同ガイドラインに沿って、事前に研究調査倫理審査に申請し、承認を受けてから研究調査を行ってください。また、在籍生は各自の研究における倫理について、演習担当教員、指導教員と十分に相談してください。

適用の範囲

  1. 早稲田大学で行う、人にかかわる日本語教育の研究調査すべてに適用されます。
  2. 日本語教育研究科および日本語教育研究センターの専任教員、任期付教員、非常勤講師、助手・助教等、日本語教育研究センターのインストラクター(非常勤)、日本語教育研究科在籍の大学院生(研究生、科目等履修生、委託科目等履修生等を含む)が早稲田大学以外の場所で行う研究調査にもすべて適用されます。

※休学中の学生は申請できません。

審査の流れ

以下の申請フォーム (受付期間のみ)  「研究調査倫理審査申請書提出フォーム(20xx年x月分)」へ申請書をアップロードし提出してください。

  • 受付→審査→承認を1か月以内に終える予定です。

※申請の際は、必ず最新の「研究調査倫理審査申請書」をダウンロードしてお使いください。古い書式を使用した場合には、受理されないことがありますので、ご注意ください。

研究調査終了の報告

研究調査終了後、研究調査終了報告書をダウンロードし、必要事項を記入の上、申請フォーム 「研究調査終了報告書提出フォーム」に報告書をアップロードし提出してください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsjal/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる