Graduate School of Japanese Applied Linguistics早稲田大学 大学院日本語教育研究科

その他

舘岡洋子(TATEOKA, Yoko)教授

研究課題

  • 学習環境デザイン
  • 協働的学習
  • 実践研究

略歴等(1最終学歴・学位 2職歴 3主な著書・論文 )

■1 早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程。博士(学術、早稲田大学)。
■2 アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター専任講師、東海大学留学生教育センター助教授・教授を経て、2007年より現職。
■3 『ひとりで読むことからピア・リーディングへ-日本語学習者の読解過程と対話的協働学習』東海大学出版会、『ピア・ラーニング入門-創造的な学びのデザインのために』(共著)ひつじ書房、『プロセスで学ぶレポート・ライティング』(共著)朝倉書房、『読解教材を作る』(共著)スリーエーネットワーク、『協働で学ぶクリティカル・リーディング』ひつじ書房、『日本語教育のための質的研究入門』(編著)ココ出版など。

研究紹介

学習者は自らを取り巻く環境との相互作用をとおして日本語を学んでいるという視点に立ち、学習者の学びを支援するためには、その環境をどのようにデザインしたらよいかについて考えます。学びのプロセスを個人と社会、あるいは場における関係性の観点から検討します。ことばを学ぶとはどういうことかを理論的かつ実践的に考察します。

WEBサイト

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fire/gsjal/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる