Drama-Kan Theatre早稲田小劇場
どらま館

News

2020年度 演劇サークル座談会

 早稲田大学にある演劇サークルのうち、8つの団体とどらま館とで「演劇サークル座談会」を実施しました。

 今回の座談会では、各サークルの登壇者をクジ引きで二つの班に分けて、「今までできていた“同じ場所に集まって演劇を体験すること”のどこに魅力を感じているか、それはオンライン演劇でも代替できるのか」、また「なぜそのサークルに居つづけているのか(辞めずにいるのか)」という二つの質問を用意して、それぞれの考えを聞いています。

サークル活動が思うようにできず、どう動けばいいかすぐには答えが出ない中で、これまで演劇をやってきて面白いと思うところや、深く考えていなかった部分をあらためて言葉 にしてみることで、これからの活動を我慢から発想するんではなくて、いっそう気持ちの良いほうに進むことが 出来るのではないか。そんなことを考えてこの会は開かれました。

 新入生の皆さんも、自分のこれまでの興味や関心を振り返って、これからの演劇活動を想像しながら見てもらえたらと思います!

文:宮崎晋太朗

演劇サークル座談会_1

演劇研究会・演劇倶楽部・くるめるシアター・劇団24区

登壇者

奥泉    /(おくいずみ演劇研究会 エチューダー(新人訓練担当)
小澤南穂子 /(おざわなほこ演劇倶楽部 三年代 幹事長
幸村希美  /(ゆきむらのぞみくるめるシアター 三年代 幹事長
乾     /(いぬい劇団24区 二年代 新歓担当

 

演劇サークル座談会_2

劇団木霊・劇団森・てあとろ50’・舞台美術研究会

登壇者

重村眞輝 /(しげむらまさき劇団木霊 三年代 幹事長
村越大真 /(むらこしひろまさ劇団森 二年代 新歓担当
池神太朗 /(いけがみたろうてあとろ50’ 三年代 劇作・演出・舞台監督
渡部真子 /(わたなべまこ舞台美術研究会 三年代 渉外

【アンケート実施中】

今後の新歓活動の参考にするため、匿名のアンケートにご協力ください。

https://forms.gle/QEMVYwyhqM2vtbRN6

スタッフ

司会・進行
浜田誠太郎 /(はまだせいたろう)どらま館制作部

制作
▫宮崎晋太朗 /(みやざきしんたろう)どらま館制作部

 

収録日
「2020年度演劇サークル座談会_1」2020.5.31
「2020年度演劇サークル座談会_2」2020.6.1

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/dramakan/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる