Waseda University Archives 早稲田大学 大学史資料センター

その他

高橋悦男「社会科学部今昔物語 定年を迎えて」『社会科学部報』第45号、2004年

私が社会科学部に講師として就職したのは昭和四十七年四月一日である。私と一緒に三人の先生が着任されたが、御三方ともすでに定年で大学を去られ、私が最後になった。大学を去るに当たって思うことは、早稲田の教員になって本当によかったということである。私は早稲田に来る前は横浜の或る私立大学の工学部に勤務していた。この大学はキリスト教主義の教育方針を掲げる宗教色の濃い大学であったが、そのことが学園紛争の火種になり、全国で最も激しい紛争校になっていた。

31_2_本文_学部報45号(社学今昔2)2004

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/archives/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる