Waseda University Archives 早稲田大学 大学史資料センター

その他

木村時夫「創立30周年に際して」『社会科学部報』第33号、1996年

わが社会科学部が創立30周年を迎えた。平成3年4月は創立25周年であった。その前の月、私は定年で、大学を去った。その時記念事業の1つとして以前から依頼されていた『早稲田大学社会科学部小史』 (平成4年3月刊)の最後に、私はつぎのように記した。

やがて来るべき21世紀の幕開けは、そのままわが社会科学部の新たな幕開けとなるであろう。その創設に参加した多くの人々は、やがて散じて姿を消していくであろう。しかしその当初における理想とその困苦の歴史は、新たに集まりくる若き人材によって受けつがれ、他はわが学部が早稲田大学の一翼を担う。有力学部としてはばたく日を麹望して、この稿を終る。と。そして今、その日が近づきつつあることを実感する。

6_2_本文_学部報33号(30周年に際して)1996 6_3_画像_学部報33号(30周年に際して)1996_eyecatch

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/archives/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる