Waseda University Archives 早稲田大学 大学史資料センター

その他

掛下栄一郎「社会科学部の今昔」『社会科学部報』第28号、1993年

毎年学部報のこの欄は、定年を迎える先生が執筆するならわしになっているようであるが、いよいよその順番が私に廻ってきた。光陰矢の如し、あっという間にその日がやってきた感じである。社会科学部が呱呱の声をあげたのは1966年であるから、あと3年で満30才を迎えることになる。1966年といえば、いわゆる第一次大学紛争の真最中で、前年末から全学無期限ストに入っており、学部最初の入学試験も、機動隊導入による封鎖解除を経ての、厳重な検問体勢のもとで実施された。このときの受験者の総数は、わずか1800名であったことは、1万数千の志願者の殺到する昨今の状況からは、にわかに信じ難い。

6_2_本文_学部報28号h5(1993)(社会科学部の今昔)_ページ_1 6_2_本文_学部報28号h5(1993)(社会科学部の今昔)_ページ_2

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/archives/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる