Waseda University Archives 早稲田大学 大学史資料センター

その他

田村正勝「新時代を切り拓く社会科学部の役割」『社会科学部報』1992年12月

ソ連・東欧の転換や地球環境サミットに象徴されるように,近代社会はいま,古代ローマ帝国や中世社会の崩壊に匹敵する一大分岐点・危機に直面している。近代合理主義は,科学的思考と工業化と民主主義の推進により,精神的抑圧からの,貧困からの,政治的社会的抑圧からの三つの解放を,多くの人々にもたらした。

5_2_本文_学部報27号h4(1992),12月(新時代を切り拓く社会科学部の役割)

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/archives/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる