Waseda University Archives 早稲田大学 大学史資料センター

その他

武川忠一「社会科学部の今昔」『社会科学部報』第24号、1989年10月

もう15年以上も前になるが,人文演習の時間のことである。A君が発表することになっていた。彼は立ちあがって,何も見ないで,いきなり北村透谷の「隻蝶のわかれ」という詩を,静かに暗誦しはじめた。

ひとつの枝に隻つの蝶,
羽を収めてやすらへり。

ここからはじまるこの詩は,破滅型の,またそれだけに時代の先駆者でもあった明治20年代の透谷の名高い詩である。だが,それを社会科学部の学生であるA君が暗誦しているとは!わたしは息を呑んだ。教室の学生諸君は, しばらくあっけにとられていた。A君は,しかし,ゆっくりと暗誦を続ける。

13_2本文)学部報24号h1,10月(社会科学部 今昔)

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/archives/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる