Waseda University Archives 早稲田大学 大学史資料センター

その他

山之内光躬「社会科学部を魅力ある学部に」『社会科学部報』第19号、1985年1月

社会科学部が設立された1960年代の半ばから, 1980年代の現在に至るまでの約20年間は,社会経済的,文化的状況が急激に変化した時期であった。大学もまた,それを取り巻く環境の変化にともなって,今日,一つの岐路に立ち,ここで改めて,大学の本質そのものが問い直されるという,大きな試練に直面している。また,学問の専門化,細分化, したがってまた,その精緻化が極端にまで進捗し,個別科学の間の交流が断たれた結果,その反省として,社会科学の総合,学際的研究の必要性が,切実な要求として高まってきたのも,丁度,この時期であった。

9_2本文)学部報19号s60,1月(社会科学部を魅力ある学部に)

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/archives/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる