Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

アイヌ民族衣装顔出しパネル(撮影可)

アイヌ民族衣装顔出しパネル

考古学・民族資料 常設展示を開催している125記念室内に、アイヌ民族衣装顔出しパネルを新たに設置しました。
125記念室では写真撮影が可能です。(フラッシュは不可)

イラストは會津八一記念博物館所蔵の、世界有数のアイヌ民族資料群・土佐林義雄コレクションの資料をもとにしています。

男性はオヒョウ、シナノキ、ハルニレなどの木の皮の繊維からつくったアットゥシ(樹皮衣)を着て、エムシ(飾太刀)を胸に掲げており、女性は木綿地に布と刺しゅうで装飾したルウンペ(色裂置紋木綿衣)タマサイ(首飾り)をつけて着飾っています。

また、顔出しパネルの設置に伴い、125記念室および會津八一記念博物館2階グランド ギャラリーには、実物のアイヌ民族資料も出品しています。展示と合わせてお楽しみください。

時間 10:00~16:00

会場 26号館(大隈記念タワー)10階 125記念室

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる