Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

Database

データベース

會津コレクションデータベース1998.05.15公開

hekija東洋美術の研究者である秋艸道人會津八一博士は、研究と教育のために、明器、銅鏡、古瓦、金石拓本など約 3,000点の東洋美術資料を収集しました。 本データベースはそのうち、明器約300点を収録しております。

會津八一の書データベース1999.07.15公開

hato會津八一は東洋美術の研究者であると同時に、個性あふれる高雅な書家として、また奈良の風光と美術に魅了された歌詠みとして知られ、文字通り学芸の人でした。その自詠の和歌、中国古典漢詩などによる書作品約70点を収録しています。

日本金石拓本コレクションデータベース2001.03.31公開

takuhon會津八一の弟子であり、日本金石文研究の第一人者の加藤諄先生より、日本金石文拓本とその関係資料約 1500点を当館にご寄贈いただきました。その内容は飛鳥時代から近現代に及ぶ鐘銘、碑銘、仏足石拓本、建築銘、仏像図様など多種多様なものですが、そのうち本データベースには約 120点を収録しています。

アイヌ衣装データベース2002.04.03公開

kaparamipu-icon會津八一記念博物館に所蔵されている本学校友・故土佐林義雄氏が蒐集されたアイヌ民族資料のうち、アットゥシ、ルウンペなどの衣装を収録したデータベースです。

アイヌ装飾品データベース2002.04.03公開

s82會津八一記念博物館に所蔵されている本学校友・故土佐林義雄氏が蒐集されたアイヌ民族資料のうち、 タマサイ(首飾り)、ニンカリ(耳飾り)など装飾品を収録したデータベースです。

銅鏡データベース2002.04.03公開

kagami-icon會津八一記念博物館には、會津八一博士の蒐集した古鏡資料208面が所蔵されています。 それらは、制作年代が紀元前5世紀から紀元後17世紀まで、製作地域も中国を中心に朝鮮・日本にまでおよび、時間的かつ空間的に広範囲にわたる非常に貴重な研究資料です。

近代美術データベース2003.04.05公開

yuri會津八一記念博物館所蔵の近代美術コレクションデータベースです。 早稲田大学にまつわる人々の肖像画・肖像彫刻と、折にふれて諸処よりご寄贈頂いた作品を収録しています。

東洋美術作品総合データベース2009.06.29公開

sutasuta「東洋美術作品総合データベース」使用マニュアル
會津八一記念博物館が所有している東洋美術作品のデータベースです。 2004年に大田区大森山王の富岡美術館の閉館にともない、寄贈をうけた重文を含む東洋陶磁器・近世禅書画・茶道具・仏教彫刻・絵画・考古品のコレクション903件のうち701件を公開しています。 富岡コレクションや、小金銅仏、銅鏡を中心とする服部和彦コレクションなど、他の東洋美術作品についても順次公開していく予定です。

文化資源情報ポータル2009年以降の作品データはこちら

portal_banner坪内博士記念演劇博物館、會津八一記念博物館、大学史資料センターの文化資源を横断的に検索できます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる