The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

命をいただく ~体験的学習科目「狩猟と地域おこしボランティア」2~

命をいただく ~体験的学習科目「狩猟と地域おこしボランティア」2~

小圷紗愛(法学部3年)

今回、私達が訪れたのは、山梨県郡内地方、その中でも北都留郡に位置する丹波山村という所である。
ここは、人口535人の小さな村で、自然溢れる場所だ。

この村の課題、それは「害獣駆除」

野生の鹿がたくさん繁殖している今、駆除に村人は追われている。

しかし、「ただ、駆除する。」という考えはない。害獣と言えども生き物である以上、殺めた命を最後まで自分たちで頂くというのが彼らのモットーでもある。今回は、そこに着眼して話そうと思う。

まず、仕留めた鹿は解体施設に運ばれる。そこで、内臓を取り出す、皮を剥ぐなどの作業が行われ、肉の塊のような形になるまで処理される。実際、私自身解体を手伝わせてもらったが、この部位は何に使われるか、どうやって利用するかなどのお話を伺うことができ、緊張もしたが責任を持って取り組めた。

また、人間が食べられないお肉などは、ペット用に加工される。犬や猫は本能的に野生の動物をとても好むので、ペットにとっても私達にとっても一石二鳥なのかもしれない。

また、鹿の骨を使ってお出汁をとるなどした鹿ラーメンをキッチンカーで販売している。

このように仕留めた鹿の部位を一つも残さず、利用するという考えにとても感銘を受けた。また、実際自分の目で見ることにより、命の有難さをいつも以上に知ることができた。

 

≪体験的学習科目「狩猟と地域おこしボランティア」のこれまでの連載記事はこちらから≫
https://www.waseda.jp/inst/wavoc/news/2021/10/22/6915/

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる