The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

News

ニュース

早稲田大学気仙沼チーム

早稲田大学気仙沼チーム

宮城県気仙沼市、東京

私たちは東日本大震災直後の早稲田大学と宮城県気仙沼市のつながりから発足し、以来、継続的に復興支援活動に取り組んできました。仮設住宅や災害公営住宅での交流会、気仙沼市観光キャラクター「ホヤぼーや」のアテンド、東京でのイベントへの参加の他、気仙沼フェアなどメンバーの発案による多彩な企画も行っております。震災当時の気仙沼の姿だけでなく、現在の魅力も発信し続けることで気仙沼がより活気溢れる元気な街になるよう気仙沼でも東京でも精力的に活動しています。

Episode:

気仙沼を支える人との出会いが、私たちの活動の原動力になる。早朝、まだ少し更地の目立つ魚市場前にポツンと、できたばかりの食堂と銭湯を見つけた。初めて来た私たちも「早稲田の気仙沼チームか!毎年お祭りの手伝いとかありがとね」と笑顔で迎え入れてくれた。「防潮堤建設で失った銭湯を漁師さんのために復活させたくてね」しみじみと女将さんは語る。昔から行き交う人々を大切にしてきた港だから、垣根のない優しい人たちで溢れているんだと実感した。この街の復興の無限大の可能性と魅力は人にある。こうした幾つもの「出会い」と「ご縁」に感謝し、「ご縁」を繋ぐことで、ささやかながら気仙沼をより元気にするお手伝いをしていきたい。

代表者 大木 薫 スポーツ科学部3年
カテゴリ 地域交流、東日本大震災復興支援
問合せ先  [email protected]
団体WEBサイト等  HP:  http://kesennumainfo.weebly.com/

Blog:  http://wkesennumateamblog.blog.fc2.com/

Twitter:  https://twitter.com/wavoc_kt

Instagram: https://www.instagram.com/waseda_kesennuma

メンバー数 22名
参加費用 会費:通年1万円(ボランティア保険加入費含む) 現地活動:随時
活動時期・頻度 二・三か月に一度の気仙沼訪問 その他月に3回ほどミーティング
年間活動 5月 :ボランティアプレゼンコンテスト     6月:6月便(気仙沼訪問)
8月 :気仙沼みなとまつりお手伝い       9月:地球感謝祭参加
10月 :気仙沼サンマフェスティバル参加/稲門祭参加
12月 :Kesennuma,Voices.上映会/12月便    3月:3月11日追悼企画
※その他、依頼次第で気仙沼や東京で物産展などのお手伝い

 

Related Articles 関連記事

New
チーム安全
助走の場・雲
学生NGO EST
学習支援STEP UP!
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる