The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

News

ニュース

早稲田大学気仙沼チーム

プロジェクト紹介

気仙沼チームは、東日本大震災をきっかけに、早稲田大学と宮城県気仙沼市のつながりから発足し、震災発生直後から継続的に、気仙沼を拠点とした復興支援活動に取り組んできました。仮設住宅や災害公営住宅でのお茶会、イベントの運営お手伝い、観光キャラクター「ホヤぼーや」のアテンドの他、気仙沼フェアなどメンバーの発案による多彩な企画も行っており、気仙沼がより活気溢れる元気な街になるよう気仙沼でも東京でも精力的に活動しています。

 

エピソード

文学部4年 松岡

気仙沼が本格的に冬を迎える12月の夜、港で行われた野外のコンサートで会場整備のお手伝いをした。その日は夕方から強い雨が降り、水を吸ったレインコートと靴に浸みる雨水が体を冷やした。しかし本当に心に残ったのは寒さではなく、お客さんの優しい言葉、運営スタッフが走って持ってきてくれた温かいお茶のペットボトル、イベント終了後に作ってもらったインスタントスープといった、気仙沼の方々の暖かい労いだった。普段、活動をしていると気仙沼の方々には「いつもありがとう」と言って頂くことも多い。しかし私たちが活動は気仙沼の方々の支えがあってこそできるものであり、気仙沼に行くたびに「また会いたい」と思う人がいるからこそ活動を続けたいと思う。そのご縁を大切にこれからも気仙沼に行き続け、また関わり続けたい。

 

 

学生代表者  名前:福田 遥可 所属:文学部4年
問合せ先  kpjt2011@gmail.com
団体WEBサイト等  HP:  http://kesennumainfo.weebly.com/

Blog:  http://wkesennumateamblog.blog.fc2.com/

Twitter:  @wavoc_kt

Facebook:  @kesennuma.shien.team

Youtube:  https://www.youtube.com/user/wavocKT/videos

メンバー数  24名
メンバー募集   随時
参加費用   会費:半期4千円 現地での活動:適宜
活動時期・頻度    随時
年間活動 平均月1回現地活動、気仙沼でのイベント運営補助、仮設住宅・災害公営住宅でのお茶会、気仙沼スタディツアー、“Kesennuma,Voices.”上映会、東日本大震災追悼イベント(3月11日)など

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる