The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

News

ニュース

ハンセン病問題支援学生NGO橋~Qiao~

ハンセン01

プロジェクト紹介

「人と人との懸け橋~あなたがそこにいるから~」という理念のもと2006年4月に誕生した、WAVOC公認のNGO団体です。QIAOとは中国語で「橋」を意味する言葉です。現在は早稲田大学、法政大学、、首都大学東京などを含む60名近い大学生が中国の4つのハンセン病療養村や国内の療養所の訪問などを軸に活動しています。それだけに留まらず中国内での新たなキャンプ地の開拓、活動範囲をミャンマーにまで広げようという新たな動きも次々に起きています!

エピソード

一生の宝物

商学部2年 張 珏尭

ハンセン022015年夏、僕は中国広東省にあるトンチャオ村でワークキャンプに参加しました。そこで僕は携帯やネットのない生活を送りました。ハンセン病快復者である村人と話していると、小さい頃、父親のふるさとに行って、じいちゃん、ばいちゃんと話したのと同じような気分になりました。ハンセン病の快復村にいる時、相手が快復者であること、キャンパーが日中の大学生であること、自分がボランティアをやっていることを完全に忘れて、周りの人たちと一緒に村に溶け込んでいました。

最後の日にはキャンパーとプレゼントを交換したり、メッセージをお互いに書いたりしました。卒業の時のような寂しさを感じました。
この夏キャンプの経験は僕にとっては一生の宝物です。

主なフィールド/ パートナー団体 中国広東省、日本多磨全生園 / NPO法人 家-JIA-(中国広東省)、FIWC
時期・内容 / 募集 春休み(2月)、夏休み(8月)ワークキャンプ、月一回定例会 / 随時募集
参加者 27名
代表者氏名 張 珏尭 (ちょう ぎょくぎょう)   商学部  2年
自己負担額 4万~7万円
問合せ先 [email protected]
WAVOC担当:西尾 雄志(教員)

プロジェクト参考URL

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる