The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

News

ニュース

農と食と緑の学校

mik01

プロジェクト紹介

農と食と緑の学校は、福井県坂井市三国町にあるおけら牧場を活動の拠点としています。牧場近くの耕作放棄地を利用したブルーベリーの栽培、商品化のためにメンバーが交代で定期的に訪問し、長期休暇中は一般の学生にも農と食について考える場を提供するためにツアーを企画しています。また、関東にいる間もそうした場を設けるために、有機農業を手掛ける企業と連携して、近くの農家さんを訪問するなどの体験型学習を行っています。

エピソード

草の上で何をしよう

法学部2年 阿部 直人

活動中、おけら牧場の方々にも、埼玉の農家さんにも言われたことは「自分の力で考えること」です。目の前にあるのは土と草だけという環境で、そこから耕作放棄地という問題を見出し、それを社会的に捉えるとどうなるか、解消するためのブルーベリーという手段をどう扱うか……。「自分で考える」という言葉はだだっ広い平野の中で何を問題提起するのか、そして対策はどうすべきか、という問いを考えるきっかけを与えてくれる言葉です。自分たちが思い知らされることが多すぎてボランティアをしている感覚がない、かつ成果が目に見えにくい団体ですが、それにもめげず草を刈り、土を盛る日々がしばらくは続いていきそうです。

mik02 mik03

主なフィールド/ パートナー団体 福井・東京 / 福井県坂井市三国町 おけら牧場
時期・内容 / 募集 週1回定例ミーティング。 長期休暇にスタディツアーを開催、福井でのファームステイ、関東の農家さん訪問等 /いつでも募集中
参加者 11名
代表者氏名 阿部 直人   法学部 2年
自己負担額 会費5,000円(他交通費等)
問合せ先 blueberry.mikuni@gmail.com
WAVOC担当:秋吉 恵(教員)

プロジェクト参考URL

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる