The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

News

ニュース

学生NPO農楽塾

「早稲“田”なのになぜ“田”んぼがないのか?」こんな素朴な疑問から、2004年早稲田・大隈庭園に復活した「わせでん」。農楽塾はその「わせでん」を中心に、幅広く活動しています。都心で「農」を実践しながら、普段、農業を経験できない人に、その機会を提供します。お米以外に野菜も育てたり、月一度所沢の農家さんで農作業の手伝いをさせてもらったり、近くの幼稚園の子どもたちに農の楽しさを教えたりと、活動は多岐にわたります。雰囲気はとてもアットホームで、個人で遊びの企画を立ててみんなで遊びに行くことも。早大生以外も大歓迎です!

Episode:“わせでん”でついに稲の収穫

文学部3年 椎名 愛

先日早稲田の田んぼ“わせでん”で稲刈りをしました!田植えをした時は頼りない苗でしたが、夏頃にはぐんぐんと成長し、ついに収穫の時がやってきました。あっという間に成長した気がする稲ですが、まだ食べられる状態ではなく、収穫後もたくさんの作業があります。収穫してすぐ、稲を干す“稲架がけ(はさがけ)”という作業をしました。稲を2、3週間干した後は、脱穀、籾摺り、選別、精米・精選などの作業が待っています。毎日食べているとは信じられないほどお米には時間と手間がかかっているのですね。私たちは小さい田んぼを大人数で協力して育てているので、農産の苦労や気持ちを完全に理解することはできません。しかし、この体験を通して植物が育つ楽しさを感じ、農業や食に対してたくさん考えることができました。これからも農を楽しみ、農を考える気持ちを大切にしていきたいです。
(2018年10月30日 大隈庭園内にある「わせでん」にて稲刈り)

代表者 名前:涌井 陽 所属:早稲田大学文学部3年
カテゴリ 農業・教育・地域交流・自然保護
問合わせ先 nogakujuku@yahoo.co.jp
団体WEBサイト等 HP http://www.nogakujuku.net/

Blog http://blog.livedoor.jp/waseda_nogakujuku/

Facebookfanpage https://www.facebook.com/nogakujuku

Twitter @nogakujuku

メンバー数 46人
メンバー募集 一年間を通して募集しています
参加費用 2000円(半年)
活動時期・頻度 週に一度昼休みの観察。農作業は随時土日にやることが多いです!
年間活動 4月:わせでんの田おこし  5月:代かき、泥んこバレー参加  6月:田植え、50キロハイク  7月:新歓遠足、前期総会  8・9月:夏合宿、その他農家訪問合宿など  10月:稲刈り、脱穀、籾摺り  11月:早稲田祭での展示(年による)、収穫祭、幹部交代  12月:後期総会  1・2月:寒起こし  3月:合宿、その他農家訪問合宿など

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる