Research Activities早稲田大学 研究活動

News

ニュース

2021年度 早稲田大学リサーチアワード WASEDA RESEARCH AWARD の受賞者が決定

早稲田大学では、独創的研究の推進と国際的な情報発信力の強化を目的として、2014年に早稲田大学リサーチアワードを設け、大規模な研究を主導的に推進している研究者および国際発信力の高い研究業績をあげている若手研究者を表彰しています。

本アワードには、大型研究プロジェクト推進(Large Research Project)と国際研究発信力(High-Impact Publication)があり、それぞれ正賞(賞状)ならびに副賞(大型研究プロジェクト推進は賞金50万円、国際研究発信力は賞金30万円)が授与されます。

早稲田大学リサーチアワード(大型研究プロジェクト推進)受賞者
WASEDA RESEARCH AWARD(Large Research Project)
(50音順)

2021年度
※前年度実績に基づく

認知症に関与するマイクロバイオーム・バイオマーカー解析

氏名 研究課題名 研究費受入箇所名
大島 登志男 認知症に関与するマイクロバイオーム・バイオマーカー解析 理工学術院
齋藤 潔 低GWP冷媒を採用した次世代冷凍空調技術の実用化評価に関する研究開発 総合研究機構
戸川 望 イジングマシン共通ソフトウェア基盤の研究開発 理工学術院総合研究所
所 千晴 製品ライフサイクル管理とそれを支える革新的解体技術開発による統合循環生産システムの構築 理工学術院総合研究所

早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力)受賞者
WASEDA RESEARCH AWARD(High-Impact Publication)
(50音順)

石田 京子

石田氏は、法専門職倫理、司法アクセス、日本社会におけるジェンダー格差等、日本において現実に生起する社会課題を法的な視点から実証的に考察する研究を積み重ね、その成果をまさに時宜に適う形で国内外に向けて発信する努力を続けている。海外ジャーナルへの投稿が稀な我が国の法学分野において、石田氏は、あえてこれに継続して取り組むほか、各種の国際共同研究で中心的な役割を担う等、その国際的な発進力の高さによって見込まれる学術的・社会的な波及効果は大きく、今後の一層の活躍が期待される。また、テーマに関して、規範的な主張のみを展開させるより、むしろ各種の統計やインタビューという量的・質的なデータを分析する手法をとることで、目に見えない社会意識を目に見える形で議論可能にするとともに、特に国際社会に情報発信するにあたり、日本社会におけるその問題の実像を描き出すことに成功しており、研究の優れた点として、その創造性を評価することもできる。

大久保 將史

大久保氏は,蓄電池の材料化学分野において,新材料創製から電極特性評価,物性評価や計算化学的手法,放射光を初めとした先端計測などに関する造詣をもとに,世界を先導する優れた成果を挙げている。同氏の最近5年間の研究における主な成果の一つに,遷移金属炭化物に関する新しいカテゴリーの材料の提案とその反応機構解明が挙げられる。これは,今後期待される蓄電池材料の多様化に資するところが極めて大きいと考えられる。また,リチウムイオン電池などの正極反応に関して,酸素イオンの興味あるレドックス反応を明らかにし,当該分野の基礎学術において重要な示唆を与えている。同氏は国内外の大学や研究機関との共同研究を積極的に推進しており,それらの成果は数多くの一流誌に発表されている。国際会議などを通じた海外研究者の招聘や,セッションオーガナイザなどとしての活動も活発であり,国際的ネットワークの形成とコミュニティの構築に貢献している。以上の点から,大久保將史氏は今回の受賞に相応しく,今後も当該分野における多大の寄与が期待できる。

コアド アレックス

Professor Coad’s research focuses on empirical studies on business growth, entrepreneurship, and innovation using firms’ microdata. Despite fierce competition for high-quality analytical data related to research on business growth in recent years, he has built a body of robust empirical studies drawing on a wide range of data. Many of these have been published in leading international journals in their respective fields, including Entrepreneurship Theory and Practice and Research Policy, which are listed in the Financial Times’ top 50 journals. Few researchers internationally have produced studies in these fields at such a prolific pace. He also has an extremely strong international presence through his experience editing Research Policy and Small Business Economics. While industrial organization theory has traditionally argued the importance of market entry and innovation, Professor Coad’s research has contributed valuable findings on the importance of startups growing and changing, and the importance of industry dynamism in terms of the need to effectively innovate after entering a market.

セドン ジャック

 Jack Seddon’s work is highly innovative in looking at the origin, performance and governance of global financial and capital markets. Seddon has carried out exciting research on monetary regimes, central banking, capital markets, and other international financial institutions. It is of first-rate quality and distinctively interdisciplinary, combining approaches in international political economy, economic history, and law.
Seddon’s work is distinguished for combining rational choice and historical institutionalist approaches to unpack different historical dynamics and logics of change – for example, examining and explaining the distinct historical pathways taken by different monetary regimes. Unlike most political scientists that tend to stay away from the study of markets, Seddon’s work also demonstrates that politics is central to understanding markets, both in that markets are political domains of their own governed by internal power relations and also in that power politics arguments are essential to understanding market dynamics and performance.
Since he received his doctorate in 2016, Seddon has published in the very best journals in his field: Perspectives on Politics, International Studies Quarterly (ISQ), and Review of International Political Economy (RIPE). He also has a good number of chapters in edited volumes and in Handbooks.
Seddon’s work is distinguished by his asking big questions and not shying away from difficult explanations. Given the journals in which he has published, one can be sure that the impact of his academic work will be strong in the future.

田原 優

田原氏は、概日リズムの視点から疾患や健康と食・栄養を科学する新たな学問分野−“時間栄養学”を立ち上げ、数々の独創的な研究を展開している。具体的には、慢性腎臓病、腸内細菌叢、肝機能と概日リズムとの関連性に関する研究で、ハイインパクトな国際一流紙に研究成果を発表し、引用数からも世界的な評価を受けている。この国際的な評価を受けて Nature Reviews Gastroenterology and Hepatology 誌に総説を執筆しており、 “時間栄養学”の波及にも務めている。さらに、時間栄養学関連のシンポジウムでのオーガナイザーを務めたり、自ら中心となって国際的な研究ネットワークを形成し、その代表者として研究費を獲得するなど、氏の国際発信力は内外ともに非常に高く評価されている。以上のように、田原氏は若手パイオニアとして時間栄養学の確立と波及に大きな貢献を果たしてきた。今後も、さらに大きなインパクトを与える研究成果を発信し、革新的な食品や医薬品の開発、あるいは新たなライフスタイルの提唱などの広範な分野で社会還元を実現するだろう。

浜田 道昭

浜田氏は、バイオインフォマティクス分野、特に長鎖ノンコーディングRNA(IncRNA)の情報解析分野で顕著な業績を誇る。タンパク質がコーディングされないノンコーディングRNAの中でも約200鎖以上の塩基からなるIncRNAは、生体内の多用なプロセスに関与しており、その貢献は創薬・医療分野を中心に国際的な波及効果が極めて高い。特に、同氏が開発した世界最高レベルのRNA-RNA相互作用予測ツールRIblastは、IncRNAとタンパク質コーディングRNAとの相互作用の予測を可能とし、実験生物学的なアプローチとの融合により世界ではじめて腎細胞癌の薬剤感受性の分子機構を解明するなど、先導的な成果を数多くあげてきている。同氏は、Nucleic Acids esearch、Oncogene、 Bioinformaticsなどの主要な国際論文誌に多数の論文を発表しているだけでなく、トップクラスの国際会議GIW、WABI、BIBMなどでプログラム委員を複数回務めている。さらに、国内外において病院との連携を積極的に進めており、共同研究論文の発表へと結びついている。このように、同氏の研究アプローチ方法は、世界的にも優位性・独創性が高く、当該分野における世界有数の研究者である。

ピタルク パウ

Associate Professor Pitarch has been conducting original and in-depth research that is outstanding in quality and quantity in the field of modern Japanese literature. His academic papers and conference presentations in the last five years, mainly focused on Ryunosuke Akutagawa, Haruo Sato and Jun’ichiroTanizaki, have a high degree of originality, and have advanced the field of modern Japanese literary studies in significant ways. He has also contributed to the area with translations of academic papers. It is also important that he is one of the few advanced scholars of modern Japan who is active in Spanish as well as English. His wide range of research activities is surely an advantage for his international network, and should be commended as an important step in the globalization of Japanese studies. Especially, the article on Tanizaki published in Spanish significantly increases the societal impact of Associate Professor Pitarch’s research. His research outcomes and translations have been read widely, which is reflected by the high number of citations he has received. As stated above, Associate Professor Pitarch is doing innovative and first-rate research, and his use of Spanish in addition to English and Japanese, means a very important gain in his ability to broadcast his work, and to call attention to Japanese literature in a much wider international forum than is typical for most international scholars.

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/research/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる