Research Activities早稲田大学 研究活動

News

ニュース

2020年度 早稲田大学リサーチアワード WASEDA RESEARCH AWARD の受賞者が決定

早稲田大学では、独創的研究の推進と国際的な情報発信力の強化を目的として、2014年に早稲田大学リサーチアワードを設け、大規模な研究を主導的に推進している研究者および国際発信力の高い研究業績をあげている若手研究者を表彰しています。

本アワードには、大型研究プロジェクト推進(Large Research Project)と国際研究発信力(High-Impact Publication)があり、それぞれ正賞(賞状)ならびに副賞(大型研究プロジェクト推進は賞金50万円、国際研究発信力は賞金30万円)が授与されます。

早稲田大学リサーチアワード(大型研究プロジェクト推進)受賞者
WASEDA RESEARCH AWARD(Large Research Project)
(50音順)

2020年度
※前年度実績に基づく

氏名 研究課題名 研究費受入箇所名
大木 義路 電気・計装設備の長期健全性評価技術調査研究 各務記念材料技術研究所
齋藤 潔 低GWP冷媒を採用した次世代冷凍空調技術の実用化評価に関する研究開発 総合研究機構
戸川 望 イジングマシン共通ソフトウェア基盤の研究開発 理工学術院総合研究所

早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力)受賞者
WASEDA RESEARCH AWARD(High-Impact Publication)
(50音順)

飯山 知保

A historian of Song-Yuan China, Professor Tomoyasu IIYAMA deserves commendation for a myriad of reasons. First of all, his innovative work on stone stele inscriptions provides keen insight into what traditional sources do not convey about Yuan North China. Iiyama’s findings on lineage, patronage, and political power reveal key differences between northern and southern China, and identify new patterns of negotiation between dynastic authority and local elites at a time of deep political change. These have all made exciting contributions to his field. Iiyama has garnered international attention through leading journals, edited volumes, and international conferences where he, in thewords of one top specialist, “has made us rethink north China during the twelfth-fourteenth century.”Just as importantly, Iiyama’s efforts to share his research internationally by publishing in Japanese, English, and Chinese are admired and appreciated by colleagues around the globe. Sinologists everywhere must be able to read Japanese, as the field relies heavily on secondary literature written in Japanese by Japanese scholars of China. By making his work accessible in multiple languages, Iiyama performsan invaluable service to his field and thus embodies the very spirit of the Waseda Research Award.

オオガ-ボールドウィン W.L. クィント

日本における外国語教育研究の歴史は長く、質的に充実し、研究の方向性も多角的であり、データ・知見の蓄積も質的・量的に豊富である。そうした中で、候補者が英語学習における「動機付け」を中心に英語教育に関する独自の先進的な研究成果を、学会で評価の高い国際的なジャーナルなどに継続的に掲載している点が今回の受賞の主な理由である。英語教育における「動機付け」の持つ効果は長く研究の対象となっているが、日本の公立小学校における教科としての英語教育は始まったばかりと言える段階にあり、この分野における候補者の提供する資料・データとこれに基づく知見は、研究者にとってばかりでなく、小学校の教育現場・現職教員等にとっても大いに価値がある。諸外国と比べて比較的に独自の特徴が多い日本の外国語教育に関する研究成果を英語で海外に発信していく意義は大きく、今後も教育・心理・応用言語学等の関連分野を横断した外国語教育研究の成果公開が期待される。

ゲガン レジス

レジスゲガン氏は、無機層状物質の剥離により得られる無機ナノシートと呼ばれる粒子と界面活性剤を混合させた複雑な組成のコロイドに関する研究開発を進めている。無機ナノシートのコロイド化学に関する研究開発は世界的にも限られる先進的なものであり、レジスゲガン氏は無機ナノシートと界面活性剤との複合系で独創的な研究成果を残している。欧州在籍時から日本や欧州諸国の研究者との多数の共同研究を推進しており、著名な英文論文誌への採択実績も数多く有している。また、現在は日本の研究者や学生を引き込んだ海外との共同研究を進めており、日本と海外とのネットワーク形成に貢献しうる国際的な若手研究者としても注目されている。レジスゲガン氏の研究成果は、将来的に、光学、半導体、バイオセンサーなど多くの分野への応用が期待でき、今後の社会的インパクトを持つ可能性は高く、物理化学的な視点から、学術面、実用面の双方で発展が期待されている。

スナム ラメシュ

The recipient, Dr. Ramesh Sunam, has produced eye-catching work on the human geography of rural poverty and global migration involving Nepal. His innovative, ethnographic approach adds welcome disciplinary diversity to the field of development studies. This methodology has allowed Sunam to vividly illustrate how rural villages in Nepal and elsewhere have transformed, witnessing migration and poverty reduction while also facing increasing stratification as a social consequence. His research produces a nuanced narrative that helps to humanize macro trends. The level of Sunam’s research output is admirable for an early-career scholar. Yet, quantity has come with no sacrifice in quality; his work has appeared in top international journals in the field and has been cited extensively by others. In addition to being academically rigorous, Sunam’s work on migration and agrarian change offers practical lessons for policy formation, which he generously shares through open-access blogs and policy briefs. Sunam is also embedded in a network of scholars across Asia and Australia, which brightens his prospects for further international collaboration. In sum, his superior combination of recent productivity, international recognition, and future promise makes Sunam a worthy recipient of this prize.

チョン フン

Dr. Hun Chung specializes in Political Philosophy, Formal Theory, and PPE (Philosophy, Politics, and Economics.) He has actively employed and applied the formal tools of modern game theory and social choice theory to answer fundamental questions in political philosophy, such as distributive justice, political/democratic legitimacy, political stability, liberal rights, as well as the reinterpretation of the classical texts in the history of political philosophy. The reason Dr. Chung’s research is internationally regarded as original and innovative is that he is one of the pioneers in applying mathematical and methodological tools of the social sciences (such as political science and economics) to answering normative questions in political philosophy which has traditionally been regarded as primarily a field in the humanities. Furthermore, he has published more than 10 papers in international peer-reviewed journals within the last 5 years. Many of them are in top journal in the field. Dr. Chung’s productivity is quite remarkable and unusual. Because of their highly theoretical nature, his works in political philosophy may not have an immediate impact on society or industry. Nevertheless, given that his research has been influential in his field, we believe that his research will have a gradual but significant impact on society by changing people’s ways of thinking about political and social institutions. We hope that with Dr. Chung’s interdisciplinary research, more people will recognize the importance of studying and combining political philosophy, political science, and economics together.

所 千晴

所氏の研究は、資源工学、化学工学、材料科学、数値解析等の領域を巧みに融合し、これら幅広い技術を駆使して環境保護や循環型社会構築へと展開している点に最大の特長がある。その研究内容はいずれも先進的かつ独創的であり、関連分野で高く評価され多くの学会賞を受賞している。また、北米や欧州、アジア等の大学のみならず、アフリカの研究拠点とも国際共同研究を実施するなど、広範な地域の海外機関と多数の共著論文を発表すると同時に、多くの国際会議のオーガナイザーも務めており、国際的な発信力は特筆に値する。このような研究の先進性・独創性と国際共同研究の推進が、直近5年間の研究成果のアウトプットおよび引用数の飛躍的な増加につながっていると高く評価できる。さらに、所氏が取り組む環境低負荷型の有価物リサイクリングプロセスに関する技術開発は、いずれも実用化を視野に入れており社会実装の可能性が高いことも注目に値する。昨今のSDGsをはじめ、持続可能な社会の実現に向けた学術的要求は高まる一方であり、所氏の業績の社会的波及効果が今後さらに大きなものとなることが期待できる。

星野 匡郎

星野氏は、計量経済学を専門とし、社会的相互作用モデルの推定、内生性の問題があるモデルのセミパラメトリック推定などを中心としたミクロ計量理論を研究している。多くの計量経済学の研究は一つの問題に焦点を絞る傾向がある一方、星野氏の研究は個々の実証課題に内在する複数の問題を同時に扱うという特長がありその独自性は高く評価される。また星野氏は開発した計量理論を現実のデータに応用し教育や犯罪などに関する質の高い実証分析を行っており、それらは政策的に重要なインプリケーションを持つ。研究成果はJournal of EconometricsやJournal of Business & Economic Statisticsなどの計量経済学のトップジャーナルに掲載されるだけでなく数多くの国際学会でも発表されており、星野氏の国際発信力は当該分野の同年代の研究者と比較して極めて高いものと言える。さらに星野氏は海外の著名な研究者との共同研究の実績もあり、国際的な研究者ネットワークの構築にも成功している。以上の点から、星野氏は今回の受賞にふさわしく、今後より一層の活躍が期待される。

松岡 亮二

松岡亮二氏は、教育社会学の主要テーマである教育と社会階層に関して、日本を題材に、多数の実証的な研究を積み重ねてきた。この分野において、世界的なトップジャーナルである『Comparative Education Review』『British Journal of Sociology of Education』『Social Science Research』等に継続的に質の高い研究論文を掲載してきた。国際ジャーナルにおいてこれほどの生産性を示した日本の教育社会学者は稀であり、それは日本教育社会学会から2015年に「国際活動奨励賞」を受賞したことにも表れている。また、他国の研究者による国際的な引用件数も、この分野としては多く、氏の研究の国際的・研究的な波及効果がうかがえる。国内においては、その著書『教育格差:階層・地域・学歴』(筑摩書房)が学術研究を基とした新書としては5万部を超えるという異例の売れ行きを見せ、マスメディアでも広く取り上げられた。このような活躍から、氏は内閣府の教育再生実行会議・初等中等教育ワーキンググループの有識者構成員も務めており、氏の研究の政策的波及効果も期待される。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/research/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる