世界へ貢献する大学であり続けるために

近年、国際的な人的交流や海外の大学や研究機関等との共同研究など、国内の大学と海外の大学等との学術交流が活発化しています。

それらは大学が持つミッションを果たす上で重要ですが、大学がこれらの学術交流を通じて大量破壊兵器等の開発等に関わってしまう事のないよう、貨物や技術を適切に管理する必要があります。

本学では、安全保障輸出管理規程および運用細則を定め、教職員および学生各位へ周知し、輸出管理手続き等の負担軽減と通関上のトラブル予防に努めています。教育・研究活動等を安心して専念していただくために、本サイトをご活用ください。

おしらせ・新着情報(学内限定)
2016年11月29日
リベリアが国連武器禁輸国から削除されました。これに伴い外国人学生・外国人研究者の受入、貨物の輸出における各種様式も変更しました。
2016年3月29日
外国ユーザーリストが更新されました。
2014年9月5日
国連武器禁輸国に中央アフリカ共和国が追加されました。
これに伴い外国人学生・外国人研究者の受入、貨物の輸出における各種様式も変更しました。
2014年7月‐8月
学内業務検査実施
2014年4月24日
理工学術院教授会において輸出管理説明会実施
2014年4月1日
経産省外国ユーザーリスト更新
2014年2月27日
輸出管理DAY for ACADEMIA開催
芝浦工業大学 豊洲キャンパス