Global Education Center (GEC)早稲田大学 グローバルエデュケーションセンター

News

ニュース

全学共通副専攻「演劇・舞台芸術」(11/20・21) リーディング公演『年に一度のあの日』

全学共通副専攻「演劇・舞台芸術」公開講座+全体活動
リーディング上演『年に一度のあの日』+ラウンドテーブル「オーストラリア演劇と戦争の記憶―The One Day of the Year の描くANZAC 神話」

戦後70周年の今年、日本では戦争の記憶とどう向き合うのかを問う、様々な表現や議論がみられました。しかし時には、異なる文化の文脈からも、戦争の記憶について考えてみる必要があるでしょう。オーストラリアの古典的名作戯曲『年に一度のあの日』の日本語版初上演を観劇し、演劇を通して、戦争と私たちについて考えてみましょう。

『年に一度のあの日』―アラン・シーモア作。第二次大戦の戦傷者であるアルフは、社会に居場所がなく、唯一の楽しみは年に一度の「アンザック・デー」の日、戦友たちと街を行進し浮かれ騒ぐことだけ。そんな父の姿を嫌悪する大学生の息子ヒューイは、大学新聞に、帰還兵士たちの醜態を批判する記事を載せ、父と対決する・・・。

日時 ①2015年11月20日(金)19:00-20:30 プレビュー公演
②2015年11月21日(土)11:00-12:30 プレビュー公演
③2015年11月21日(土)13:00-18:00 本公演+ラウンドテーブル
会場 ①8号館312教室
②26号館(大隈記念タワー)地下多目的講義室
③26号館(大隈記念タワー)地下多目的講義室
テーマ 戦争の記憶と演劇
内容 ・戯曲のリーディング上演
・作品の背景についての講義
・制作・出演者、観客を交えたラウンドテーブル
使用言語 日本語
講師 平戸麻衣(演出)、和田喜夫(監修)、高橋清彦、松川晃子、土井通肇ほか(出演)、渡辺幸典(相模女子大学)
担当教員 秋葉 裕一/澤田 敬司/平林 宣和/八木 斉子/吉田 裕
対象 学生・教職員・一般 ※入場無料・事前申込不要。直接会場へ。
主催 早稲田大学グローバルエデュケーションセンター
共催 オーストラリア学会 早稲田大学総合研究機構オーストラリア研究所

問い合わせ先

早稲田大学 グローバルエデュケーションセンター
問い合わせフォーム

Dates
  • 1120

    FRI
    2015

    1121

    SAT
    2015

Tags
Posted

Tue, 13 Oct 2015

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/gec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる