Office for Promotion of Equality and Diversity早稲田大学 ダイバーシティ推進室

News

ニュース

座談会企画 ~育休を取得した男性職員に語ってもらいました~

header1a

座談会について

早稲田大学ダイバーシティ推進室では、男女共同参画の推進として、男女を問わず、積極的に育児休業を取得できるよう支援しています。
「産前産後休業(産休)」と「育児休業(育休)」を混同されている男性の方も少なくないと思いますが、「育休」は男性も取得できるものです。しかし、まだまだ女性と比べ、男性の育休取得者は少ないのが現状です。
そこで今回は、本学で育休取得の経験のある男性職員4名に集まってもらい、育休を取得しようと思ったきっかけや休職中のエピソードなど語っていただきました。

※全3回シリーズです。

出席者紹介
 ogawa-san 小川薫
(文化推進部文化企画課)
3児の父。育児休業1週間。子どもと一緒に過ごす時間の確保のために就業時間は全力で仕事。
 nakamura-san 中村実樹
(人事部給与厚生課)
2児の父。育児休業1か月+有休1か月。毎日子どもをお風呂に入れ、寝かしつけできる生活が理想。
 nagao-san 長尾洋吉
(人事部人事課)
2児の父。育児休業1か月+有休1か月。両立しやすい職場環境の整備に強い関心&経験あり。
 kawabata-san 川端俊博
(ダイバーシティ推進室(人事部人事課))
3児の父。育児休業1か月+有休1か月。座談会にて司会を担当。

 

育児休業のきっかけ

川端:この座談会では、育休取得の動機、育休を取得するのに大変だったこと、メリットデメリット、働き方や家事育児への変化についてお聞きしたいと思います。まずは、なぜ育休を取得しようと思ったのかについて、家庭の状況含め、お話しいただけますか。

170627_1_a長尾:2人目の時に取得しました。2人目となると子育ても難しいし、妻の産後の体調の不安もありました。また、両祖父母は遠方に住んでいたり働いていたりするためサポートが得られず、妻がひとりでやらざるを得ない状況が見えていました。自分自身も社会人になって1か月以上の長期休暇を取る機会は、今後定年までないだろうと考え、この機会に取得しようと思ったのが理由です。また、定期的に業務分担を変更し、担当不在時に対応ができるよう普段から調整がされている職場環境でしたので、取得しない理由はないと思いました。

小川:2人目の時に取得しました。父親と過ごす時間が少ない家庭で育ったので、子供と一緒にいる時間を取りたいと思い、1人目誕生後から、保育園の迎えのために定時の17時15分でダッシュみたいな生活をしていました。170627_1_b入職5年目で多忙でしたが、仕事の優先順位の付け方もわかってきていたので。第2子の出産予定日は繁忙期(4月上旬)でしたが、第1子がまだ一歳児で4月はならし保育期間で短時間しか保育園に預けられないため手がかかるし、親に頼むこともできないのでせめて1週間だけでも、と取得しました。当時、男性の育休取得を推進していることや取得者があまりいないことを聞いていたので、少しでも大学に貢献できればという思いもありました。

中村:2人目で取得しました。妻は専業主婦ですが育児が大変そうだったので、負担軽減になればと思いました。この先、長期で休むことはないだろうと思ったのも理由の一つです。170627_1_c
また、担当が自分だけである業務があったので育休取得をきっかけに、他のメンバーと共有したいという戦略もありました。

川端:育休などの機会があると、自動的に引き継ぎが生じますよね。部署によっては業務が人に張り付いていることがあるようですが、こういった機会によって業務に流動性が生まれるわけですね。

中村:実際に、育休取得後は、担当が自分だけである業務がほぼなくなり、担当のどちらかがいればよいという状態が実現しました。

※座談会②へ続きます。

※記事の内容は座談会当時(2017年6月)のものです。


記事一覧

【座談会②】仕事の引き継ぎや育休中のエピソード

【座談会③】育休経験を通して起きた意識の変化、そして皆さんへのメッセージ

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/diversity/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる