Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

自動車・部品産業研究所
Research Institute of Auto Parts and Industries

研究テーマ

グローバル自動車部品産業に関する総合的研究及び調査

分野:地域

研究概要

日本と東アジアの自動車産業の現状と問題点を研究する。

(1)ERIAとの共同作業で東南アジア自動車産業の実情と問題点を研究し、シンポジウムを開催する
(2)中国自動車工業協会との共同作業で中国自動車産業の実情と問題点を研究し、シンポジウムを開催する
(3)韓国自動車部品共同組合との共同作業で韓国の自動車産業の実情と問題点を研究し、シンポジウムを開催する

研究報告

【2016年度】
2015年度に引き続き、【月例講演会・研究会】、【国内外調査活動】、【委託研究】、【著作活動】を実施した。【月例講演会・研究会】として、1月から9月まで「自動車・部品企業経営講座」及び「新興国の自動車・部品産業の現状と課題」をテーマとし、企業経営者・管理者を対象とした講演会、研究会を毎月1回開催し、活発な討議を含めた勉強会を開催した。また、6月には中嶋聖雄所長をコーディネーターとした「自動車部品産業の将来像を考える」と題した研究会を開催し、本学の教員のみならず、自動車・部品産業に携わり官民の第一線で活躍する講師を交え、業界情報の収集や交換、問題提起を行い、官民相互の交流活動を活発に実施した。【国内外調査活動】としては、国内では北九州企業調査を行い、海外においては5月にベトナム北・中部自動車部品企業調査を、また9月には同国北・南部自動車部品企業講演活動を実施した。【委託研究】はERIAからのベトナム自動車産業調査を実施した。【著作活動】については、『早稲田大学自動車部品産業研究所紀要』の上期刊を発行し広く論文や研究ノートの発表の場とした。加えて(1)西村英俊・小林英夫編『ASEANの自動車産業』勁草書房、2016年7月、(2)西村英俊・小林英夫・浦田秀次郎『アセアン統合の衝撃』ビジネス社、2016年9月を出版した。

【2015年度】
2014年度に引き続き、【月例講演会・研究会】、【国内外調査活動】、【委託研究】、【紀要】の発行を行った。【月例講演会・研究会】としては、自動車の環境対応や自動運転技術を巡る激しい技術開発競争や厳しい市場環境に対応し企業経営や部門別戦略の研究会として、企業経営者・管理者を対象として「自動車・部品企業経営幹部の必携講座」、「自動車・部品企業の人材・マーケティング戦略」、「自動車・部品企業のサプライチェーンマネジメント戦略」、「世界の自動車・部品産業」の4コースの講演会・研究会を毎月1回開催し活発な討議を含めた勉強会を開催した。また、業界情報の収集や情報交換を兼ねた「所長・顧問を囲む懇談会」を2カ月に1回開催し企業動向・企業ニーズの把握により研究所運営の指針とした。【国内外調査活動】としては、国内では主に関東・東北地区を対象とした自動車部品企業の実態調査を実施し、海外では近年特に脚光を浴びているベトナムの自動車部品産業の実態調査を実施し、月例講演会・研究会や企業や団体からの【委託研究】の中に反映をした。また、【早稲田大学自動車部品産業研究所紀要】を上期、下期1回づつ発行し広く論文や研究ノートの発表の場とした。

所長

中嶋 聖雄[なかじま せいお](国際学術院准教授)

メンバー

【顧問】
小林 英夫(早稲田大学名誉教授)

【研究所員】
中嶋 聖雄(国際学術院准教授)
浦田 秀次郎(国際学術院教授)
トラン ヴァン トゥ(社会科学総合学術院教授)
鍋嶋 郁(国際学術院准教授)
三友 仁志(国際学術院教授)

【研究員】
高橋 武秀(客員上級研究員(研究院客員教授))
西村 英俊(客員上級研究員(研究院客員教授))

【招聘研究員】
植木 靖(アジア経済研究所)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる