Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

コーチング研究所
Institute of coaching

研究テーマ

・競技力向上につながるコーチングの研究

分野:文化

研究概要

 本研究所は、コーチング研究に関して専門的な立場にあり、スポーツ現場で実際の指導経験と相当の自動実績をもつスポーツ科学学術院教員で、コーチングコースに属する日本コーチング学会所属のコーチングの専門的研究集団である。
 従来、コーチング研究所として研究・教育・社会貢献活動を展開してきたが、未だに検討を加えて進めるべき研究テーマが山積している。

☆コーチング研究所設置趣旨との整合性
コーチング研究所は、体育・スポーツ界の指導現場における指導者のための科学的サポートを行うための実践的研究及び指導実践をデータベース化することを意図する。
また、指導実践例を蓄積した上で、老若男女を問わず、どのような対象者に対しても的確な指導が可能なように、指導者に対する指針を与えるべく研究を重ねることを目的とする。
☆研究計画の実施状況と達成度
当初、サッカー競技と卓球競技を対象として、研究を進めてきた。研究報告にもみられるように、バスケットボール、レスリング、水泳競技を加えて、国際競技力の向上に関する知見を得ている。
卓球競技では、トッププレーヤーを指導するための「コーチング教本」を刊行したが、今回は、初心者を対象とした「コーチング基礎教本」を刊行した。
さらに、中国安徽師範大学との文化・学術・スポーツ交流を進め、国際交流を図った。加えて、会員数1,500名のコーチング学会(国内で最も大規模なスポーツ指導者の学会)学会大会を2017年度に早稲田大学で共催した。

 本研究所の今後の研究テーマは、2020年のオリンピック大会を見据えた、「日本スポーツの競技力向上」である。この点を視野の中心として捉えてはいるものの、最終的な評価基準は、「世界的レベルのハイパフォーマンス」にある。
 すなわち、実験対象とする早稲田大学在学の選手、OB・OGの選手を対象として、内外のトップレベルのスポーツ情報をグローバルな視点から収集するとともに、今後に 向けて獲得すべきパフォーマンスに関する研究を進めてゆきたい。
また、現時点で獲得すべき技術的・戦術的研究の成果は、トップスポーツ選手のパフォーマンスの向上に有為であるのみならず、広く一般のスポーツ現場の指導者にとり学ぶべき情報でもある。さらに、講習会、研修会あるいは学会等の場で、積極的にこれらの知見を公開することも重要である。これは、まさに社会貢献となる。
 また、スポーツ界で抜群の実績を残した指導者たちの指導のノウハウや育成のプロスを記録することも重要な点であり、これらも研究テーマの対象となる。

所長

葛西 順一[かさい じゅんいち](スポーツ科学学術院教授)

メンバー

【研究所員】
葛西 順一(スポーツ科学学術院教授)
太田 章(スポーツ科学学術院教授)
奥野 景介(スポーツ科学学術院教授)
倉石 平(スポーツ科学学術院教授)
堀野 博幸(スポーツ科学学術院教授)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる