Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

アジア・サービス・ビジネス研究所
Asian Service Business Research institute

研究テーマ

アジアから発信するエコシステム型サービスビジネスモデル

分野:社会システム

研究概要

20世紀のグローバル市場で支配的なサービスビジネスのモデルは、DHLやFEDEXのデリバリー・サービスに見られるコスト重視の欧米型トップダウン・モデルであった。顧客が求めるサービス内容のきめ細かさや洗練性の追及よりも、コストの圧縮と標準化によって可能となる低価格サービスのグローバル提供を優先するビジネスモデルである。
しかし、アジア新興市場が台頭する21世紀のグローバル競争環境では、ボトムアップ型も必要である。アジア・サービス・ビジネス研究所(以下、ASBと称す)はこうした前提に立ち、過去5年間、重点領域研究機構において、アジアにおける共生型サービスビジネスモデルを精力的に探究してきた。

具体的には、

(1)ヤマト宅急便ビジネスのアジアリージョナル戦略
(2)電通アジアによるDNAカレッジの異文化実験
(3)台湾出自にして中国最大の食品企業「康師傳」による華人ネットワーク戦略
(4)ルノー・日産連合によるアジア新興市場での異文化リーダーシップ
(5)豊田通用による日本型商社機能のグローバル知識移転を主たる研究プロジェクトとして遂行し、その成果をケース、論文、書籍、シンポジウムやフォーラムの形で発信してきた。

今後の5年間は、これら一連のプロジェクトに共通している課題(例:サービスビジネスにおけるコストと価値提案のトレードオフ、日本的サービスにおける文化価値次元の影響の分析など)を更に精緻化した形で推進することで、日本・アジア発信のエコシステム型サービスビジネスのあり方と、そのマネジメント・モデルを積極的に内外に定期していく。

所長

太田 正孝[おおた まさたか](商学学術院教授)

メンバー

【研究所員】
池上 重輔(商学学術院教授)
市田 敏啓(商学学術院准教授)
伊藤 嘉博(商学学術院教授)
井上 達彦(商学学術院教授)
内田 和成(商学学術院教授)
太田 正孝(商学学術院教授)
大滝 令嗣(商学学術院教授)
大野 高裕(理工学術院教授)
杉浦 正和(商学学術院教授)
長谷川 惠一(商学学術院教授)
山野井 順一(商学学術院准教授)
横田 一彦(商学学術院教授)

【招聘研究員】
Dominique V,TURPIN(IMDビジネススクール学長)
Ishtiaq Pasha MAHMOOD(シンガポール国立大学准教授)
Jitendra V.SINGH(Michael Jebsen Professor of Business and Dean.School of Business and Managemaent at The Hong Kong University )
Jonathan TREVOR(University of Oxford/SAID Business School,Associate Professor)
Maannsoo SHIN(高麗大学ビジネススクール教授)
Oded SHENKAR(オハイオ州立大学フィッシャー・カレッジ教授、フォード・モーター社グローバル・ビジネス・マネジメント担当理事)
Xiaobo WU(浙江大学管理学院教授)
井上 葉子(日本大学商学部専任講師)
富 萍萍 (香港中文大学経営学部准教授)
村瀬 俊朗(Roosevelt University Assistant Professor)

WEBサイト

http://waseda-asb.jp/

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる