Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

開催報告:オペラ/音楽劇研究所12月研究例会

12/5(土)開催報告

*コメント: 海外からも含め17名の参加者があった。

▼2020年度12月研究例会(第192回オペラ研究会)

オペラ/音楽劇のキーワーズ

概 要
  • 日  時: 12月5日(土)16:30-17:30[東京]
  • 報 告 者  : 北川 千香子(慶應義塾大学・准教授)
  • 題  目: サルヴァトーレ・シャリーノ:《ローエングリン》(1982)―「音響化された身体」のコンセプト
  • 言  語: 日本語
  • 司 会 者  : 佐藤 英
  • 開催方式:オンライン開催(Zoom使用)
  • 概  要: 最も重要な現代作曲家の一人であるサルヴァトーレ・シャリーノ(*1947)は、特殊な楽器奏法や歌唱法によって、ノイズ的なものに異化され、静寂との境界にまで切り詰められて様式化された、きわめて固有の音響世界を作り出してきた。彼のオペラ《ローエングリン》では、こうした特徴が際立っている。唯一の登場人物であるエルザの発する声は、もはや歌唱という枠を超え出て、例えば息づかいや喉を鳴らす音といった原初的な身体運動としてのそれであり、この人物像を不可思議な存在として現出させる。本発表では、2017年のザルツブルク・イースター音楽祭の演出(ミヒャエル・シュトゥルミンガー)を例に、上記の音響ドラマトゥルギーが上演空間の中でどのように具体化され、それがワーグナーの《ローエングリン》のエルザ像にはない新たな側面をいかなる形で提示しているかを明らかにする。
    キーワーズ:サルヴァトーレ・シャリーノ/リヒャルト・ワーグナー/声/静寂/身体性/演出/モノドラマ
注 意

1.事前申し込みが必要です。参加希望者は12/2(木)までに以下のアドレス宛にメールで申し込みをお願いいたします。
reikaiuketsuke[at]gmail.com ( [at] = @)

➤件名欄に「12月例会」と記載し、本文にご氏名、所属、連絡先(メールアドレス)を記入してください。当日(12/5)の14:00にこの連絡先宛に招待メールをお送りします

2.発表開始前にビデオ機能で本人確認をさせていただきます。

報告者プロフィール

北川 千香子

慶應義塾大学准教授。ドイツ学術交流会の給付留学生としてベルリン自由大学にて演劇学を専攻、2013年に同大学で博士論文『クンドリー試論 象徴の諸断面』(Peter Lang, 2015)によってPhD.取得(演劇学)。専門はワーグナーの楽劇ならびにオペラ演出。近年は、ワーグナーから現代に至るオペラ/音楽劇における沈黙や静寂の諸相に重点を置いた研究をおこなっている。

次回例会開催予定日

開催予定日:2021年2月6日(土)(予定)

発 表 者 :井上 登喜子

司 会 者 :荻野 静男

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所:
https://opera-and-music-theatre.jimdofree.com/
e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ( [at] = @)
(この例会案内は後ほどFacebookと Twitterでも発信されますので、そちらでも見ることができます。)

Dates
  • 1205

    SAT
    2020

Place

オンライン開催(ZOOM使用)

Tags
Posted

Tue, 15 Dec 2020

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる