Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

システム競争力研究所:シンポジウム「物流サービスのスマート化が日本の社会・経済をどう変革するか」

スマート物流サービス 荷物データを自動収集できる自動荷降ろしチームによるシンポジウムを開催いたします。

シンポジウム概要
  • 日時:12月11日(金)14:00~16:30
  • 場所:WEB会議形式(Webex)
  • 参加申込:こちらより事前登録
プログラム

【趣旨説明】「スマート物流サービスの社会普及とその意味」
14:00 藁谷 友紀 / 早稲田大学総合研究機構システム競争力研究所所長

【ご挨拶】
14:25 草野 清貴 / 相馬商工会議所会頭
14:30 立谷 秀清 / 相馬市長
14:40 亀岡 偉民 / 復興庁副大臣(衆議院議員)

【講演】
15:00 梅野 修一 / 国土交通省 東北地方整備局長
「東北地方整備局における輸送の効率化への取り組み」
15:20 門馬 和夫 / 南相馬市長
「震災から復興を目指す南相馬の挑戦」
(休憩 10分間)
15:50 徐 剛 / Kyoto Robotics 株式会社 代表執行役社長
「荷物データを自動収集できる自動荷降ろし技術の開発」
16:10 田中 従雅 / SIPスマート物流プログラムディレクター
「SIPスマート物流サービスの推進」
司会:
幕 亮二 / 北九州市立大学大学院マネジメント研究科特任教授、株式会社MK総合研究所代表

所長プロフィール

藁谷 友紀所長 WARAGAI, Tomoki

早稲田大学教育・総合科学学術院教授、早稲田大学総合研究機構システム競争力研究所所長。経済学博士(ボン大学)。1954年生まれ。福島県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業後、早稲田大学経済学研究科前期課程と博士後期課程で学ぶ。この間、ドイツ政府(DAAD)奨学生としてボン大学に留学し、理論経済学で学位取得(Dr.rer.pol.)。外務省専門調査員(在ベルリン)、国立ベルリン社会科学研究所(WZB)客員研究員を経て、早稲田大学教育学部(現教育・総合科学学術院)専任講師、助教授、教授、教育学部長などを経て現在に至る。
専攻分野は経済学・経営学。早稲田大学の常任理事や早稲田実業学校高等部・中等部の校長も務めた。早稲田大学総合研究機構ジャーナリズム研究所の研究所員も務める。

問い合わせ先:
早稲田大学 総合研究機構 システム競争力研究所
招聘研究員 村上 明男(メールアドレス : [email protected] )

シンポジウム詳細PDF

登壇者の方々PDF

 

Dates
  • 1211

    FRI
    2020

Place

オンライン開催

Tags
Posted

Fri, 27 Nov 2020

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる