Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

開催報告:パネルディスカッション 「上下水道の官民連携と災害」

(終了)

第3回 早稲田大学総合研究機構 水循環システム研究所シンポジウム『改正水道法後の官民連携の推進』-人口減少社会のPPP/PFIと災害対応-

『月刊 水道公論』7月号(日本水道新聞社発行)に、水循環システム研究所のシンポジウム記事が掲載されました。

掲載記事はこちら


日時:2020年1月27日(月)13:00~17:00

場所:早稲田大学 国際会議場 井深 大 記念ホール

参加費:無料(意見交換会ご参加の場合は、¥4,000)

定 員:300名  ※定員に達し次第締切らせていただきます

プログラム:

◆第一部 講演 13:00~14:45
基調講演
滝沢 智 東京大学大学院工学系研究科 教授 (兼任)附属水環境工学研究センター長

事例報告「宮城県における水道・下水道・工業用水道一体型のコンセッション導入」
岩﨑 宏和 宮城県企業局技監兼次長(技術担当)

研究報告「改正水道法施行とPPP/PFI、広域化の推進に関する意向調査結果報告」
佐藤 裕弥 早稲田大学総合研究機構水循環システム研究所 主任研究員・准教授

◆第二部 パネルディスカッション 15:15~16:45
「上下水道の官民連携と災害」~官民連携導入と災害時への万全な対応のポイントを探る~

◆パネリスト◆
①宮﨑 正信 日本水道工業団体連合会(水団連)専務理事
水道法改正と官民連携における今後の課題について
②岩﨑 宏和 宮城県企業局技監兼次長(技術担当)
みやぎ型コンセッションの導入と災害リスクへの対応の考え方
③佐々木 猛 夕張市土木水道課上下水道管理係 係長
北海道胆振東部地震の際の対応状況とPFI事業実施状況の現状と評価
④東島 健  箱根水道パートナーズ株式会社 取締役 箱根水道センター所長
台風19号における対応と水道包括委託の受託会社の活動状況
⑤古澤 文人 株式会社水みらい小諸 代表取締役社長
台風19号の災害時への対応状況と指定管理者制度を活用した民間主体の水道事業運営会社
の事業展開

◆コーディネーター◆
早稲田大学商学学術院教授・総合研究機構水循環システム研究所所長 高瀬 浩一
早稲田大学総合研究機構水循環システム研究所主任研究員・准教授  佐藤 裕弥

共催:早稲田大学総合研究機構水循環システム研究所・商学部・商学研究科・産業経営研究所
後援:早稲田大学総合研究機構

Dates
  • 0127

    MON
    2020

Tags
Posted

Fri, 10 Jul 2020

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる