Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

早大野球部主務と新人監督は早稲田佐賀コンビ【週刊ベースボールONLINE】

2020年の東京六大学野球秋季リーグ戦で10季ぶりのリーグ優勝を果たした早稲田大学野球部。2021年の鈴木隆太・主務(教育学部3年)と占部晃太朗・新人監督(同3年)は共に早稲田大学係属・早稲田佐賀高校を卒業しています。

鈴木主務は8番・二塁、占部新人監督は4番・三塁の主将として2017年の夏、同校創部初の甲子園出場を果たしました。

「早稲田佐賀の卒業生として、いままで以上に自覚ある行動を」。選手として早稲田大学野球部に入部した二人が、どのような決意でスタッフへ転身したのか。『週刊ベースボールONLINE』が二人の気持ち、「強い早稲田」への思いを伝えています。

2017年、夏の甲子園で開会式に参加する早稲田佐賀ナイン。先頭は当時主将として入場する占部新人監督(共同通信)

大学日本一を目指す早大の主務、新人監督を務める早稲田佐賀高出身コンビの覚悟と責任【週刊ベースボールONLINE】

Dates
  • 0107

    THU
    2021

    0113

    WED
    2021

Tags
Posted

Thu, 07 Jan 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる