Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

庭球部 白石光(スポ2) シングルスで初の大学日本一 頼れる新エース

早稲田大学庭球部の白石光(スポーツ科学部2年)は11月24日、テニスの全日本学生選手権決勝で田形諒平(筑波大)と対戦し、6-3、5-7、6-2のセットカウント2−1で破って、インカレ初優勝を果たしました。

男子シングルス 決勝

○白石光 [6-3、5-7、6-2] 田形諒平(筑大)

全日本学生選手権 11月24日 三重・四日市テニスセンター

早大の新エースがシングルス優勝!!白石は全中、高校総体に続き、大学でも頂点の座に/男子シングルス決勝

【2020.11.25早稲田スポーツ】記事:大島悠希 写真:山床啓太

白石は決勝でも粘り強くボールを拾った

白石光(スポ2=千葉・秀明八千代)は全日本学生選手権(インカレ)単複優勝を目標に掲げ、今大会に臨んでいた。前日のダブルス準決勝でファイナルセットの末に敗れてしまったことにより、シングルス制覇への思いはより一層強くなっていた。決勝の相手は春関(関東学生トーナメント)覇者で、準決勝で第1シードの今村昌倫(慶大)を破るなど勢いに乗っている田形諒平(筑大)。強烈なサーブに加え、力強いフォアや積極的なネットプレーが武器の田形と、多様な球種を織り交ぜ粘り強くプレーすることができる白石の対戦は、決勝に相応しい大熱戦となった。 →続きを読む

積極的に前に出る白石

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる