Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

WAPボランティア・地域貢献活動プログラム フェンシング部による気仙沼高校での指導(2/8-9)

活動内容

ウォーミングアップ、フットワーク、レッスン(マンツーマン指導)、ファイティング(試合形式)

活動の様子

初日はエペ、サーブルの指導を行いました。初めに全体でレクリエーションも含めたアップを行い、大学生も一緒に混ざり、楽しい雰囲気を作ることができたのではないかと思います。その後、種目ごとに別れ、それぞれフットワークやレッスン、ファイティングをしながら指導することができました。2日目はサッカーをアップで行い、その後フルーレ、エペに別れて練習し、各種目とも選抜に向けて団体戦の練習を行いました。大学での経験も含め色々なことを指導できたと思います。また高校生はとても元気で、私たちも元気をもらうことができました。2日間というとても短い時間ではありましたが、有意義な時間が過ごせました。

気仙沼高校でのボランティア活動を通して、高校生のパワフルな活動様子を見ることができました。高校生は1突き1突きが力強く、ファイティングでは点を取るたびに声を出し、「負けないぞ!」という気持ちがヒシヒシと伝わってきました。彼らのパワフルな練習風景は、私自身も見習うべきだと感じました。

今回のボランティアで人に教えるときの言葉の選び方、伝え方を学べ、教える時にどのような言葉を使うと生徒に良く伝わるのかを考えるのが難しかったです。指導者のように的確なアドバイスができたかはわかりませんが、ジェスチャーを使ったり動きを実際に見せることで少しでも役に立てていればいいなと思いました。

初めてお邪魔する気仙沼高校で打ち解けられるか不安でしたが、皆さんが暖かく迎えてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。高校生の皆さんの積極的にアドバイスを求める姿勢に感動しました。高校生の姿から得るものがたくさんあり、大変いい経験になりました。

開催日程・場所

◆参加日程:2月8日、2月9日

◆参加場所:気仙沼高校

◆主催者:気仙沼高校フェンシング部

参加した部員

高原真央、村上万里亜、影山野希花、金高大乘

部名 フェンシング部
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる