Admissions Center早稲田大学 入学センター

For Undergraduates

学部入試情報

FAQ

学部選び・Q&A

学部ごとの学びの内容に関するご質問

文化構想学部・現代人間論系、文学部・心理学コース、教育学部・教育心理学専修、人間科学部・健康福祉科学科で学ぶことが可能です。

どの学部でも、多くの専門家・心理学者を擁し、実験実習を交え、基礎から専門まで深く学ぶことができます。あえて違いを見つけるならば、教育学部では、学部の性格上、教育評価・教授心理学・学校カウンセリングなどの、教育心理学に関する勉強が中心になります。また、文化構想学部・現代人間論系では心理学だけではなく、哲学や文学、社会学などいろいろな専門の教員が配置されているため、幅広い分野を学ぶことができます。反面、他の学部に較べると心理学にかける比重は小さくなります。

心理学以外の部分での、学部による相違もあります。大きな違いは、文化構想学部・文学部は1年生では論系・コースに所属せず、基礎教育を受け、2年進級時に所属する論系・コースが決まりますが、教育学部・人間科学部では入学の段階で学科が決まっている点が挙げられます。また、教育学部は早稲田キャンパス、文化構想学部・文学部は戸山キャンパス、人間科学部は所沢キャンパスで、主に授業が行なわれます。

将来の進路として、臨床心理士を目指す場合、㈶日本臨床心理士資格認定協会が実施する資格試験に合格する必要がありますが、この受験資格は、協会指定の大学院を修了することで得られます。早稲田大学では人間科学研究科がこの指定大学院となっています。前述のいずれかの学部から、大学院人間科学研究科に進学するのがよいでしょう。

また、カウンセラーを目指す場合、資格試験に合格する必要もありますが、学部だけでなく、大学院レベルで研究を行なうことが、カウンセラーとして通用するためには必要なようです。

いずれにしても、このような職業に対する求人は、非常に少ないのが現状ですので、各関係団体に直接問い合わせるなど、積極的に情報収集されることをお勧めします。

早稲田の場合、「国際」のつく学部・学科は「国際教養学部」と「国際政治経済学科(政治経済学部内)」となります。学部によってそれぞれの分野に関する「国際○○」といった科目が置かれており、国際関係の勉強ができるようになっています。政治経済分野に特化して学びたいならば政治経済学部、特定の分野に絞らず社会問題を学際的に捉えて英語で学びたい、英語を学ぶことで徹底的に国際性を養いたいのであれば、国際教養学部をお勧めします。

文化構想学部の複合文化論系もしくは多元文化論系、または国際教養学部がよいと思われます。

文化構想学部・複合文化論系では、文化をいくつかのジャンルに分類し、それぞれのジャンルにおいて、各文化圏間の比較も交えながら研究をします。多元文化論系では、文化をジャンルではなく地域・文化圏で分類して研究します。

国際教養学部では、文化に限らず広く教養教育を学びますが、テーマのひとつとして文化・コミュニティ・コミュニケーション・表現などが用意されており、英語で学びます。

文化構想学部・多元文化論系英語圏文化論プログラム、文・英文学コース、教育・英語英文学科、国際教養学部がありますが、いずれの学部・学科・コースでも語学としての英語は深く学ぶことができます。ただし、広い「英語」という分野の中ではそれぞれに若干の差異はありますし、英語以外の部分での、学部による相違もあります。また、師事したい教授、学びたい学問分野が確定しているならば、その教員や、そのテーマに沿ったゼミのある学部を選ぶべきでしょう。

  • 文化構想学部・多元文化論系英語圏文化論プログラム
    文学に限定せず、英語圏で培われた民衆文化全般について学びます。1年生では論系に所属せず、基礎教育を受け、2年進級時に所属する論系が決まります。
  • 文学部・英文学コース
    文字どおり英語で書かれた文学が学習の対象になります。純粋な文学のみならず、演劇・映画・評論・サブカルチャーなど題材は多岐にわたります。1年生ではコースに所属せず、基礎教育を受け、2年進級時に所属するコースが決まります。
  • 教育学部英語英文学科
    英文学だけでなく、英語学・英文法・英語音声学など、英語そのものについて学習・研究を行なう学科です。
  • 国際教養学部
    もちろん語学としての英語も体系的に学ぶことができますが、最終的には英語「を」学ぶだけではなく、英語「で」学ぶことを目的とした学部です。したがって、言語学やコミュニケーションに関する授業も含めほぼすべての授業が英語で実施されます。また、1年間の海外留学がカリキュラム上必須になっていることも大きな特徴です。

また、上記以外の学部でも、学部で設置されている外国語科目や全学オープン科目などの外国語科目を積極的に履修することによって、英語力を鍛えることは十分に可能です。

環境問題というと地球温暖化やオゾンホール、自然破壊、海洋汚染などを思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、ゴミ問題や騒音問題など、身近な問題も非常に多く、環境問題の多くは、私たちの日々の生活に深く関わっています。

最近、環境の名を冠した学部・学科が増えていますが、環境学という学問分野はさまざまな分野が集まった学際領域だと考えてください。従って、社会科学系からは法律や行政社会学、環境経済学などの面からアプローチし、理工系からは資源・エネルギー・材料・建築・土木・化学・電気・システムといった幅広い分野で研究を活発に行っています。早稲田大学では人間科学部・人間環境科学科や創造理工学部の環境資源工学科、社会環境工学科で学べます。

特に、創造理工学部・環境資源工学科はグローバルな視点から環境と資源に関わる総合的な研究を行っており、環境調和的な資源循環システムの構築を目指しています。創造理工学部・社会環境工学科は河川・地下水・土壌環境や防災面から環境問題へのアプローチを積極的に行っています。電気・情報生命工学科では、化石燃料の代替エネルギーとして、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーの活用技術について先進的な研究が行われています。また、人間科学部の人間環境科学科では、人間と環境の関わりに対して、さまざまな角度からチャレンジできるようになっています。環境について幅広く学びたい人は人間環境科学科をお勧めしますが、自分の興味のある学問分野、あるいは得意な分野から環境を研究するという方法もあります。

早稲田大学の各学部は環境に関わる多くの講座を設けています。また、全学オープン科目などにより他学部の授業を多く履修することや、他大学で生活科学などの面からも環境を学ぶことができます。こうした制度を利用すれば、より深く環境について学ぶことができます。

さらに、文理融合を発揮し、この学問領域でのさらなる研究・開発を志すには、大学院環境・エネルギー研究科(本庄・早稲田に設置)があります。

人間の行動を分析し、社会の構造や変化を研究する学問です。人間の社会そのものを研究するわけですから、その研究領域は、地域、産業、労働、政治、宗教、教育、家族、コミュニケーションなど多岐にわたります。それらを調査・実験をとおして理論化していく学問です。よって、社会に関する幅広い知識とともに、統計学やコンピュータの知識も要求されます。

文化構想学部、文学部、社会科学部、人間科学部では専門的に勉強する事ができますが、社会学の概念は様々な学問領域に学際的に導入されており、ほとんどの学部でその専門領域を形成する一つとして勉強することが可能です。

政治経済学部の国際政治経済学科は、政治学と経済学を基礎から専門まで一環した教育を行い、国際問題に対する政策提言能力を身につけた人材育成を目指します。

一方、国際教養学部は、あえて専門分野に特化せず、自然科学・人文科学・社会科学といったあらゆる分野の知識を幅広く習得し、物事に対するグローバルかつ多角的な視点と論理的思考力を養い、自己の専門性につなげてゆく、という点に特徴があります。また、ほぼ全ての授業が英語で行われ、世界約50カ国からの留学生が集まる国際的な環境の中で学べるなど、日常の学生生活から高い国際感覚を身につけられる点も大きな特徴の一つです。

国際政治経済学科が、あくまで政治と経済に特化した学習をするのに対し、国際教養学部は学際的な視点から英語で学ぶことに主眼をおいている点、また、政治経済学部国際政治経済学科は日本語・英語どちらでも政治学・経済学の専門分野の授業が受けられますが、国際教養学部は英語のみで授業が行われる点が大きな相違です。国際教養学部にも政治・経済関連の科目は設置されていますが、政治学・経済学に特化して深く学びたいのであれば国際政治経済学科が良いでしょう。これに対し英語を利用して学際的に、幅広く比較可能な視点から政治・経済を学びたいのであれば、国際教養学部が良いでしょう。

政治経済学部の経済学科では、主に「経済の理論」を学びます。

商学部では、経済の理論に基づいた「経済の実践」を学びます。

政治経済学部で学ぶのは、経済理論、統計、計量分析、経済思想、経済史などです。中心はもちろん経済ですが、学部の性格上、政治・政治学との関連を深くするよう考慮されています。
商学部で学ぶのは、経営・会計・マーケティングなど、実社会のビジネスシーンと深い関係がある学問領域の科目です。

結論から言うと、どちらの学部でも、古典から近現代までの日本の文学と国語学について学ぶことができます。また、双方とも国語の教員免許が取得できます。師事したい教授、学びたい学問分野が確定しているならば、その教員や、そのテーマに沿ったゼミのある学部を選ぶべきでしょう。また、国文学以外の部分での、学部による相違もあります。大きな違いは、文学部は1年生ではコースに所属せず、基礎教育を受け、2年進級時に所属するコースが決まりますが、教育学部では入学の段階で学科が決まっている点が挙げられます。

結論から言うと、どちらの学部でも、教育学について深く学ぶことができます。どちらの学部でも教員免許が取得できますので、師事したい教授、学びたい学問分野が確定しているならば、その教員や、そのテーマに沿ったゼミのある学部を選ぶべきでしょう。

ただし、文学部の教育学コースに比べ、教育学部の教育学専修には約4倍の学生が在籍しており、当然ながらゼミ(演習科目)も多く設置され、選択の幅は広がります。

また、教育学以外の部分での、学部による相違もあります。大きな違いは、文学部は1年生ではコースに所属せず、基礎教育を受け、2年進級時に所属するコースが決まりますが、教育学部では入学の段階で学科が決まっている点が挙げられます。

特定地域、あるいは特定の時代の歴史の研究をしたいのであれば、文学部の史学系各コースがよいでしょう。また、幅広く歴史を学びたいのであれば、教育の地理歴史専修でしょう。
ただし、教育学部の場合でも、研究テーマや卒業論文の題目を決めるときには、分野を絞ることが可能です。なお、教育学部の場合、地理歴史専修に入学することで、地理を必ず学ぶことになります。

結論から言うと、どちらの学部でも、社会科学全般について学ぶことができます。師事したい教授、学びたい学問分野が確定しているならば、その教員や、そのテーマに沿ったゼミのある学部を選ぶべきでしょう。

あえて違いを探すならば、教育学部・社会科学専修は、社会科教員の養成が設立の趣旨でもあるので、社会科学系の科目以外の科目として教育学系の科目が多く用意されているほか、他学科科目として人文科学・自然科学など幅広い科目を履修できます。一方、中学・高校の科目として設置されていない商学・経営学・法学系の科目は、社会科学部のほうが充実しています。

早稲田では航空・宇宙工学に関連する基礎的な研究を、基幹理工学部の機械科学・航空学科、創造理工学部・総合機械工学科、先進理工学部の電気・情報生命工学科で学ぶことができます。また、航空・宇宙工学ではコンピュータを用いた電子制御が利用されています。コンピュータを利用した制御に関する技術は基幹理工学部の情報理工学科で学べます。

宇宙産業の技術は様々な工学分野の技術の複合体なので、宇宙産業は理工3学部のほとんど全ての学科の専門分野が関係します。宇宙産業の中でも特にどういう仕事をやりたいのかということで、学科を選ぶことになります。複合体ということは様々な技術を機能をもったシステムにまとめる技術、システム技術、制御技術、情報化技術などが特に重要になりますが、これらはいくつかの学科で学べる横断的な技術ですから、システム、制御、情報化の技術者として活躍したい人は、そのような目で学科を選択することになります。宇宙開発事業団から、宇宙飛行士の求人も来ました。

創造理工学部・環境資源工学科では、石油・地熱・天然ガス・メタンハイドレートなどのエネルギー資源の探査・開発技術を学べます。また廃棄物のエネルギー資源としての利用技術についても学べます。先進理工学部の電気・情報生命工学科では、地球にやさしい電気エネルギーの発生・輸送・利用についての教育・研究を行っています。例えば、自然エネルギーの利用として、太陽光発電(本庄キャンパスに実験設備があります)や風力発電に関する研究を行っています。これらの再生可能エネルギーは、省エネルギーに貢献するだけでなく、地球温暖化に影響を及ぼす二酸化炭素の発生削減にも効果があるといわれています。

機械系学科(基幹理工学部の機械科学・航空学科、創造理工学部・総合機械工学科)で扱っています。また、総合機械工学科、基幹理工学部・情報理工学科、先進理工学部・物理学科、応用物理学科の教員陣が集まりヒューマノイド研究所を構成しています。ロボット研究は総合工学ですから、色々な分野が係わっています。

ナノテクノロジーとは特定の学問ではなく、化学・物理現象、電子・光デバイスの機能、さらに生命メカニズムの多くが、ナノメートル-すなわち10-9 mという極微小の領域でおきる現象に注目すると、これまでよく分からなかった現象を解明できたり、これまでの機能に目覚しい改良を加えられたり、逆に、これまで予想だにしなかった問題が起きることが分かったりする、という観点から近年注目されている分野です。したがって、大学の学部の4年間にまず、得意分野の科目をしっかり学習し、自分の専門性をしっかり見極め、その上で、卒業研究や大学院進学にあたって、ナノテクノロジーを勉強するのがよいと思われます。早稲田大学では、“ナノ”を標榜する日本で初めての大学院-ナノ理工学専攻が開設されています。

早稲田では、理工3学部でナノテクノロジーの教育と研究に取り組んでいます。

創造理工学部・建築学科では、都市計画部門において、都市計画の基本的な考え方、アーバンデザインの方法など多くの都市の事例から学びます。また、将来、まちづくりや都市計画の実務に携わろうとする学生のために、都市設計の演習などを行います。

創造理工学部・社会環境工学科では、計画基礎手法、都市計画、都市システム解析、交通計画、景観計画、景観デザインなどに基づいた都市・地域の配置と空間構成および市街地整備、都市交通および都市防災、パブリックスペースの計画やデザインを中心に調査、解析、整備、デザイン、管理、運営に至る教育研究が行われています。

機械工学という非常に幅広い分野を、学部の理念ごとに分割したとお考えください。基幹理工学部の機械科学・航空学科は主として社会のインフラを担う基幹産業としての機械工学、創造理工学部の総合機械工学科は人の生活に身近なもの、主として人型ロボットなどの機械工学をそれぞれ研究しているというイメージでよいと思います。

生命医科学科では、医学と理工学に立脚し、病気の解明や新しい医薬品・医療デバイス・治療方法の開発を担う研究者養成を目指します。分子細胞生物学を学びながら生命現象を理解し、生理学や薬理学、ゲノム医科学、解剖・組織学などの医学の基礎も学習し、「健康と医療の観点から社会に役立つ」教育・研究を行います。

一方、電気・情報生命工学科は電気・電子・情報・生命の各領域にまたがる学科ですが、そのうち生命科学分野では、「生命科学分野の先端研究には、もはや電気・電子・情報の理論や研究が不可欠である」との認識のもとに、時代の先取りを目指した斬新な切り口から学問領域を開拓しています。具体的には、医学・薬学・生物学の基礎をしっかり固め、さらに電気や情報処理、ナノテクノロジーといった理工学分野まで多岐にわたる知識を広く身に付けながら、ゲノムやタンパク質、細胞、脳・神経などを対象とした先端研究を実践することができます。

教育学部・数学科は、設立時より中学校や高等学校の教員養成だけではなく、他大学の数学科、数理科学科と同様に数学的な素養を必要とする社会の各分野で広く活躍できる人材の養成を目的としています。実際に基幹理工学部・数学科と同様、教職に限らず一般社会で活躍する卒業生が多く、また多くの優れた数学の専門家・研究者を輩出しています。したがって早稲田大学には2つの数学科があると考えてよいと思います。両学科とも現代数学の各分野を広く学習できるカリキュラムを設置しており、教員がそれぞれの特色をもった講義を開講しています。少人数制のセミナーを必修科目として設け、数学の楽しさ・面白さをすべての学生が理解できるようにしている点も両学科の特色です。

しかし、両学科のカリキュラムは同一ではありません。開講数を見ると基幹理工学部の方が若干多く、教育学部には数学教育関連科目が用意されています。いずれの学科も成績の優秀な学生に対しては大学院への推薦入学制度があり、教育学部の学生が大学院基幹理工研究科・数学応用数理専攻に進むことができます。

さらに、基幹理工学部では応用数理学科が新設され、数学とともに、工学、自然科学も深く学びます。基幹理工学部・数学科では、応用数理学科と一体の教育研究を行い、その結果として電子情報系や自動車(機械)産業などを含む幅広い産業界への就職の道も広く開かれています。

大学で学ぶルールを知っておきましょう。

履修科目のルール

あなたが大学に入学してまず手がけることが「科目登録」です。科目登録では、1年生が所属学部で履修する場合、昼間学部で12~15科目が目安で、毎日すべての授業時限に授業が入るわけではありません。入学後に配付される「学部要項」「講義要項」をよく読んで、自分が何を履修するのかを学部事務所に申告します。

学部にとらわれず、幅広い知識を修得

全学オープン科目、テーマカレッジ、ネットワーク型授業、留学、他大学との単位互換など、学部の授業以外にもいろいろな学びの機会があります。また、1年間海外へ留学しても4年間での卒業が可能な学部も増えています。さらに、教職課程や学芸員、図書館司書の資格取得のための科目なども用意しています。ただし、全学オープン科目や留学などの単位の取扱いは学部によって異なりますので、学部の履修要項を参照して計画的な科目登録をしてください。

授業時間帯について

授業時間帯は表のようになります。各学部は通常1時限から5・6時限まで授業を行います。また、全学オープン科目や他学部の授業を履修する場合、昼間学部でも夜間の授業が履修できます。

1時限 9:00~10:30
2時限 10:40~12:10
3時限 13:00~14:30
4時限 14:45~16:15
5時限 16:30~18:00
6時限 18:15~19:45
7時限 19:55~21:25

一般・センター利用入試受験に関するご質問

皆さまからよくいただく一般・センター利用入試の出願から受験、合格者発表に関する質問と回答を掲載しています。

  • 出願関連 出願手順や試験場、証明書などに関するご質問はこちらをご覧ください。
  • 受験上の注意点 受験票や受験時の注意事項、受験当日に関するご質問はこちらをご覧ください。
  • 合格者発表 合格者発表や入学手続、成績開示に関するご質問はこちらをご覧ください。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/admission/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる