Admissions Center早稲田大学 入学センター

For Undergraduates

学部入試情報

Application

出願関連

一般選抜および共通テスト利用入試の出願に関する疑問にお答えします。
なお、当ページのほかにこちらの入学試験要項にもQ&Aを掲載していますので併せてご確認ください。

出願

入試前にキャンパスを見学したことで「早稲田に入学したい思いがさらに増した」と語る在学生・卒業生がたくさんいます。

あなたもぜひキャンパス見学にいらしてください。早稲田大学では、在学生が学内を案内するキャンパスツアー(早稲田・戸山・西早稲田キャンパス)※などのイベントを行っています。また、イベント開催時以外でも、キャンパス内の見学ができます。平日のキャンパスはイベント時のように賑やかではありませんが、「ふだん着の早稲田大学」を味わう絶好のチャンスだといえるでしょう。さらに、学生食堂やキャンパス周辺の商店・古本屋等を散策してみると、早稲田の新しい魅力が発見できるはずです。

ただし、2月3日(木)以降の構内立入禁止期間中は見学ができませんので、注意してください。

※キャンパスツアーの再開についてはこちらのページをご確認ください。

 

出願できます。早稲田大学への合格・入学が決定したら3月31日までに在籍中の大学を卒業または退学してください。なお、出願資格証明書類は高校の調査書を用意してください。

高卒認定(大検)取得者が合否判定において不利になることはありません。

一般・共通テスト利用入試の入試要項は、11月上旬よりウェブサイトにて公開いたします。
また、冊子版の請求も受け付けています(11月末発送予定)。

選択科目ごとの得点状況を考慮した調整を行っていますので、どの科目が有利、不利ということはありません。自分の得意な科目で自信をもって受験することがよい結果につながるのではないでしょうか。

可能です。ただし、試験日が同一の学部は併願できません。①基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部
②創造理工学部(建築学科)と文学部

直接持参は一切認めません。必ず願書送付用ラベルを使用し、『簡易書留郵便』で送付してください。

下記の要領で送付してください。
①入試要項「出願上の注意」で願書センターの送付先住所を確認し、市販の封筒に記載する
②封筒の表に「調査書同封」と朱書きする
③WEB出願ページからログインして、自分の整理番号を確認し、調査書とともに、整理番号(※)を記入したメモを同封し『簡易書留郵便』で送付する(※整理番号は入学検定料支払後、WEB出願ページまたは支払完了メールに記載されている7桁の数字です。)

試験当日の最終時限終了後に、試験本部(場所は入試要項「入学試験場案内図」参照)で住所・電話番号の変更手続を行ってください。あわせて、郵便局で転居・転送サービスの手続を行ってください。

こちら のページでお知らせします。(2022年1月13日(木)18時より公開予定)

試験場

試験場として、次の3か所(いずれも東京都新宿区内)を予定しています。

  1. 早稲田キャンパス
  2. 西早稲田キャンパス(基幹・創造・先進理工学部校舎)
  3. 戸山キャンパス(文化構想学部、文学部校舎)

また、戸山キャンパスは早稲田キャンパス、西早稲田キャンパスで受験生を収容できない場合に使用する可能性があります。なお、所沢キャンパスは試験場としては使用しません。
早稲田キャンパス、戸山キャンパスの最寄り駅は東京メトロ東西線「早稲田駅」、西早稲田キャンパスの最寄り駅は東京メトロ副都心線「西早稲田駅」です(各試験場とも最寄り駅から徒歩数分です)。

各学部により試験場として使用するキャンパスは異なります(入試要項「一般選抜の試験場」参照)。試験場がどこになるかは、選択科目や志望学科等によって決まります。受験票に、試験場名、建物の号館番号、教室番号が記載されていますので、受験票を確認してください。

所沢キャンパスは試験場として使用しません。

早稲田キャンパスは東京メトロ東西線早稲田駅の2・3a・3b出口が最寄りになります。

試験当日、受験生以外の方は試験場に入れません。付添者の控室を次のとおり用意してあります。

早稲田試験場:大隈講堂(※館内での飲食禁止です)
※西早稲田試験場、戸山試験場には控室はありません。

入試要項「試験概要」に各学部の試験開始時刻・終了時刻を掲載しています。

 

試験場の開門時刻は午前8時15分です。ただし、政治経済学部、国際教養学部、スポーツ科学部の開門時刻は午前11時00分です。

東京メトロ東西線「早稲田駅」や東京メトロ副都心線「西早稲田駅」、JR山手線「高田馬場駅」は特に大変混雑しますので、帰りの乗車券を買っておくことをおすすめします。また、各試験場周辺も混雑のため交通規制されることがありますので、タクシーの利用や自家用車での送迎はご遠慮ください。

試験終了後は答案用紙の回収や注意事項の伝達があり、時間差退構を実施するため、すぐに試験場から退出することはできません。また、多くの受験生が退出するため、最寄り駅までの道のりや駅構内は大変混雑します。なお、試験場最寄り駅の東京メトロ東西線「早稲田駅」、東京メトロ副都心線「西早稲田駅」から「羽田空港」までは通常約1時間ほどかかります。当日帰路につこうとする方は、移動時間に充分な余裕をもって予定をたててください。

宿泊先

当学では宿の斡旋等は行っておりませんので、各自でご手配ください。

早稲田大学生活協同組合による宿泊案内はこちらをご覧ください。

志願票

志願票と証明書の氏名が異なる場合は、その申告書(書式自由)を出願書類に同封し提出してください。

一般的に郵便物・宅配便が届く日本国内の住所であれば登録しなくてもかまいません。

「住民票」に記載されている通称名であれば使用可能です。
証明書に記載されてない場合、その申告書(書式自由)を出願書類に同封し提出してください。

出願した入試制度・学部・学科・選択科目などは一切修正できません。
個人情報は、出力した志願票の該当部分を赤字で訂正し、訂正をした旨のメモを封筒に同封してください。
不明な点は願書センター(TEL:03-5249-4561)まで問い合わせてください。

証明書

一度の手続きで併願が可能です。ただし、例外と注意事項は入試要項を確認してください。

複数学部・学科を併願する場合、調査書は1通で構いません。ただし、一度出願された後、追加で出願される場合には、もう1通必要となります。

一般選抜と共通テスト利用入試を併願する場合、調査書は1通で構いません。ただし、一度出願された後、追加で出願される場合には、もう1通必要となります。

2021年10月1日以降に発行されたものを提出してください。

※既卒の場合は、卒業後に発行されたものであれば、2021年10月1日より前に発行されたものであっても受け付けます。

調査書の代わりに以下の2点を提出してください。

  • 卒業証明書
  • 調査書が発行できない旨の証明書(本人作成のメモでも可)

合格証明書ではなく、「合格成績証明書」を提出してください。

合否には関係ありません。

健康診断書は必要ありません。

写真

白黒写真は受け付けられません。スナップ写真などの不鮮明な写真も受け付けられません。スピード写真は有効です。 入試要項「顔写真について」に受け付け可能な写真の詳細を掲載しています。

WEB出願ページ上から確認できます。

再度WEB出願ページ上から登録を行ってください。異なる整理番号で出願が可能です。ただし、文化構想学部、文学部において、追加で出願しても併願扱いにならない場合があります。詳しくは入試要項「試験概要」のページを参照してください。

試験当日、写真照合時に本人であることが確認できれば問題ありません。確認しづらい場合はメガネをはずしていただくことがあります。

出願時の写真は入学後の学生証の写真として在学中使用します。したがって、制服で撮影されたものは適当ではないと思われます。

写真がはがれないようであれば、問題ありません。

検定料

必要ありません。35,000円で第1志望学科・第2志望学科を選択することができます。

その他

願書センター(TEL:03-5249-4561)まで問い合わせてください。

2022年1月6日(木)~2月4日(金)以外の期間は入学センター(TEL:03-3203-4331)まで問い合わせてください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/admission/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる