Institute for Advanced Social Sciences早稲田大学 先端社会科学研究所

News

ニュース

数理的アプローチによる現象の理解と問題解決

概要

数理的アプローチは、自然現象や社会現象の理解のために理論的に構築されたモデルをもとに行われる最適化やシミュレーション、膨大なデータ(D)を数理的手法で分析して情報(1)を抽出し、さらにそれらを知識(K)へと昇華させ、問題解決のための新たな知恵(Ⅷの創造(DIKWモデル)をめざすデータサイエンスなど、用いる分野や現象も、そして手法もきわめて多種多様である。しかし分野や現象の異なる研究でも数学的には同一のモデル、同一の手法を使っていたり、プログラミング言語、ソフトウェア、ハードウェアといったコンピュータ利用におけるプラットフォーム部分での共通性がある場合も多く、異分野の研究者の交流は意外な新たな発見を生み出す可能性を秘めている。そこで本プロジェクトでは、社会科学総合学術院の特性を生かし、研究員はそれぞれの分野で数理的アプローチによる現象の理解や問題解決をめざした研究を推し進めながら、相互に交流し、情報交換をする機会をもつことで、個々の研究員の数理的アプローチへの知見をより深め、それぞれの分野に、そして数理的アプロ-チの分野に貢献することをめざしていく。

構成メンバー

  • 代表者:輪湖博
  • 兼任研究所員:葛山康典、須子統太

設置期間

2018年7月2日~2023年3月31日

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/iass/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる