Institute for Advanced Social Sciences早稲田大学 先端社会科学研究所

News

ニュース

近世・近代ヨーロッパにおける「社会科学」の形成 哲学、歴史学、思想史学からの複合的アプローチ

近世・近代ヨーロッパにおける「社会科学」の形成

哲学、歴史学、思想史学からの複合的アプローチ

概要

本研究プロジェクトは、近世・近代ヨーロッパにおける「社会科学」の形成を、哲学・歴史学・思想史学の観点から複眼的に検討しようとするものである。一般に「社会科学」は、社会現象を科学的手法によって分析・評価することで系統的認識を蓄積しようとする諸学の総称として理解され、その起源は19世紀のA.コントの実証主義や、それに先立つ18世紀のコンドルセの社会数学、A.スミスの経済学などに求められる。しかし「科学的手法」そのものの哲学的反省や形成史にまで裾野を広げて、社会科学のルーツと原理を考察しようとするならば、その起源を15-16世紀以降の近代的思惟にまで遡ることも可能であろう。本プロジェクトは後者の広義における「社会科学」の形成を対象とする。

構成メンバー

  • 代表者:厚見恵一郎
  • 兼任研究所員:君塚弘泰、吉田敬、寺尾範野

設置期間

2016年3月25日~2022年3月31日
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/iass/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる