Institute for Advanced Social Sciences早稲田大学 先端社会科学研究所

About the Institute

研究所について

From the Director

ごあいさつ

所長あいさつ

所長  劉 傑

先端社会科学研究所は、2016年3月に創設されました。社会科学総合学術院に属する研究所であり、学術院に属する研究所(附置研究所)としては、早稲田大学で最も新しい研究組織です。

1966年に研究所の母体となる社会科学部が創設され、1994年に社会科学研究科修士課程、1996年に博士後期課程が創設されたことで学部・研究科による一貫教育の体制が整いました。そして、2016年3月に先端社会科学研究所が創設されたことで、学部・研究科・研究所が一体となった社会科学総合学術院が、遂に完成するに至りました。

社会科学総合学術院は「社会科学の総合」を目指し「学際」「臨床」「国際」の3つの理念を掲げています。これを踏まえ、先端社会科学研究所は、社会科学の学際的・臨床的・国際的研究を組織化して推進すると共に、その研究成果を教育の場にフィードバックすることにも力点を置いています。

先端社会科学研究所はグローバルイシュー研究部門、ソーシャルデザイン研究部門、現代日本学研究部門の3部門によって構成されており、それぞれの部門に所属する研究所員によりプロジェクト研究グループを組織し、研究代表者の下、研究活動を推進しています。

まだ走り始めて3年足らずの研究所ではありますが、社会科学の境界領域を融合深化させ(学際性)、社会と実践的に関わる研究活動(臨床性)を重視しながら、常に国際社会を見据えたグローバルな視野(国際性)をもって研究に臨み、研究成果を積み重ねることで、社会科学の先端的研究機関としての役割を果たし、研究成果を社会に発信してまいりたいと存じます。

副所長あいさつ

副所長  赤尾 健一

皆さん、こんにちは。先端社会科学研究所ウェブサイトへのご来訪、ありがとうございます。本研究所は、98人の研究員と10のプロジェクト研究グループの研究活動のプラットフォームとして、社会科学と学際分野の深化発展とその実践的社会貢献を目指しています。日々の活動として、国内外の研究機関より研究者を招いて、年間30ほどのシンポジウムやセミナーを開催するととともに、社会科学の学際研究のアウトレットとして、紀要ソシオサイエンスを刊行しています。発足から2年あまりの間に、学術交流活動として国立臺灣大学文学院日本研究センターや奈良県と学術協定を締結し、また実社会との連携として13の受託研究等、企業や行政との共同研究を行ってきました。研究資金面では、2017年度の外部競争資金獲得額が発足年度から3倍以上に増加しています。

研究活動における先端社会科学研究所のユニークさは、研究分野の多様性と融合にあります。政治学、経済学、経営学、法学、社会学といった社会科学の諸分野をカバーし、それとともに、歴史、哲学、文化人類学、文学といった人文学、生物物理、都市計画、オペレーションズリサーチといった自然科学工学系の研究員が集まり、共同研究を行っています。研究のタイプも、数理的あるいは哲学的な基礎研究から、紛争解決や災害復興といった喫緊の社会ニーズに応える実践的研究までをカバーしています。

組織のありたい姿として、対外的には研究所員の研究成果と学術的社会貢献を国内外に強力に発信していくこと、対内的には、文系研究者が求める真に良好な研究環境、きめ細かな研究支援を効率的に実現したいと考えています。文系の研究活動は、労働集約的であり、研究時間の確保は研究資金にもまして重要です。研究所員の皆さまが研究に専念する時間を少しでも増やせるように努力し、文系研究者のための理想的な研究所となることを目指します。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/iass/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる