Graduate School of Sport Sciences早稲田大学 スポーツ科学研究科

News

ニュース

スポーツ科学研究科にて英語のみで修士学位を取得できる教育プログラムを設置

早稲田大学スポーツ科学研究科は、2018年9月より英語を使用言語とした大学院修士課程に「Health and Exercise Science」と「Sport Management」の2つの研究領域を新設します。2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据え、競技スポーツのみならずスポーツ科学分野への関心の高まりに対応し、どちらの領域も高い英語能力を持つ留学生および国内学生を対象に、英語プログラムによる高度専門教育を通じてスポーツ科学領域の実務家・専門家として国際的に活躍できる人材を育成することを目的としています。

概要

  1. 新領域名称: 「Health and Exercise Science」「Sport Management」
  2. 開設時期:2018年9月
  3. 使用言語:英語
  4. 修業年限:2年
  5. 修了必要単位数:30単位

 

本専攻の特徴

「Health and Exercise Science」

健康・運動科学を専門とする領域では,健康と運動に関する科学の基本原理をしっかりと学び、この複合領域を包括するような概念を構築してもらうことを目的のひとつにしています。また、研究に必要な知識や技能を身につけてもらうことも大切な目的のひとつです。このため本課程修了には,研究プロジェクトに取組み、修士論文を作成することを必須としています。

「Sport Management」

スポーツマネジメントを専門とする領域は、国内および国際的なスポーツ統括団体、プロスポーツリーグ、チーム、クラブなどのスポーツ組織の効率的なマネジメントに焦点を置いています。また、スポーツマネジメント、スポーツマーケティング、スポーツガバナンス、スポーツ政策、スポーツイベント・施設マネジメント、スポーツファイナンス・エコノミクス、社会とスポーツ、スポーツの歴史的基礎といったスポーツのマネジメントに関する知識を習得し、これらの学問領域からスポーツ現象を分析し、政策立案につながる研究を行います。

 

入試に関して

  • 書類締切日:2018年5月14日(月) ※国外出願者は締切日必着
  • 選考方法:書類選考(必要に応じて面接)
  • 合格者発表:2018年6月14日(木)
  • 2018年9月入学者向けの入試要項は2017年12月中にスポーツ科学研究科ウェブサイトに掲載する予定です。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsps/gsps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる