Graduate School of Sport Sciences早稲田大学 スポーツ科学研究科

About the School

研究科について

Curriculum

カリキュラム

各課程の研究領域

修士課程2年制・博士後期課程

スポーツ文化領域

本研究領域ではスポーツを、当該社会の精神文化、社会文化、技術文化のそれぞれに属する諸要素が有機的に関連しあってなる体系ととらえ、そこに生じる問題を社会学、教育学、文化人類学、倫理学、歴史学、哲学等の方法によって解決することをめざしています。そこでは、スポーツの本質理解に関わる基礎的問題から、スポーツメディア、スポーツ教育、スポーツ倫理、ジェンダー、観光化民族スポーツなど日常の社会生活に現れる応用的問題までが扱われます。スポーツを社会・文化現象として対象化し、これを人文・社会科学的に研究しうる人材の養成と並んで、そうした高度かつ広範な専門的知識を身につけた職業人の養成をもめざしています。

スポーツビジネス研究領域

本研究領域では、プロスポーツやフィットネスクラブに代表される民間営利スポーツから、政府や学校のような公共非営利スポーツまでの幅広いスポーツビジネス分野を対象として、スポーツビジネス現象のしくみについての理解を進め、スポーツビジネスをめぐって生起している経営課題に対する解決方法を、働く個人やスポーツ参加者といったミクロ的視点から経営体とマクロ環境の関係といったマクロ的視点にまで幅広く学際的な方法を用いて究明します。そして、スポーツに関する基礎学問的な理解の上に、ビジネスやマネジメントに関する知識や技能を修得し、スポーツビジネスに関する高度な知識と技能を有した職業人および研究者の育成をめざします。

スポーツ医科学研究領域

本研究領域では、スポーツ障害、健康医学、障害者スポーツに関連した医科学研究を推進すると同時に、研究に関連した知識と研究遂行能力を身につけます。スポーツ医科学におけるトップクラスの実践の場をフィールドとして、スポーツ医科学における研究活動を進めます。アスレティックトレーナー、フィジカルセラピスト、行政担当者、スポーツ関連企業のスタッフ、高度な研究能力と豊かな学識を有した研究教育者、および実践の場における高度な知識を有した指導者の養成を目的とします。国内外の他スポーツ医科学研究機関との連携をはかりながら国際的研究の場での活動が身につくよう配慮します。

身体運動科学研究領域

本研究領域では、健康増進やスポーツパフォーマンスの向上につながる研究を基礎科学的見地から進めます。スポーツの自然科学的側面に関する高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識を有した研究者およびそれらに関連する高度専門職業人、スポーツ科学や体育に関する高度な知識と技能を備えた教員、スポーツ指導者、行政担当者、スポーツ関連企業のスタッフなどの養成を目的とします。他の研究機関との連携も密にし、研究・教育の充実を図ります。

コーチング科学研究領域

本研究領域では、現代社会に機能する「コーチング」をスポーツ・教育の分野から科学的にまた技能的に捉え、競技種目に対するコーチングの現象を専門的理解により深めることやスポーツ参加者への導入・展開の技術習得や環境づくりの関係を学際的な方法により究明します。一流選手をはじめとする競技者のパフォーマンス獲得のプロセスや根拠を解明し、効率よくパフォーマンスを向上させる原理を構築します。実戦的研究・教育を通じて理論武装した競技者の輩出およびそれを指導する能力を有する高度なスポーツ実践者、指導者、研究者の養成を目指します。

修士課程1年制

トップスポーツマネジメントコース

トップスポーツビジネスなどでの実務経験を有する方がさらにトップスポーツビジネスの実践技能とマネジメント能力を持つように教育します。

スポーツクラブマネジメントコース

民間や公共スポーツクラブ等での実務経験を持つ方の、さらなるコミュニティ・スポーツビジネスの実践技能とマネジメント能力の向上をはかります。

健康スポーツマネジメントコース

健康増進の実務経験を有する方がさらに運動やスポーツを中心とした健康増進活動の実践技能とそのマネジメント能力を持つように教育します。

介護予防マネジメントコース

健康増進、介護などの実務経験を有する方を対象として、高度な実践技能とマネジメント能力を育て、介護予防の分野で指導的立場に立てる人材を育成します。

エリートコーチングコース

国際大会で活躍した選手や指導者が、科学的な知識や研究方法を修得し、競技経験および指導経験 から蓄積してきた知識や視点を広く発信できる能力を育てます。

研究指導・担当教員一覧

各過程の履修方法

修士課程2年制

  1. 修士課程 2年制の修了要件は、通常2年以上4年以内在学し所要の授業料目について30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査および試験に合格しなければなりません。合格者には「修士(スポーツ科学)」の学位が授与されます。
  2. 前項の30単位は、次のように履修します。
必修⁄選択 科目区分 科目の説明 最低 最大 修了要件
必修 研究指導 指導教員による研究の指導
修士論文 合格
演習科目 指導教員担当の演習
(1)A・B(2)A・B
8 8単位
スポーツ科学演習 2 2単位
選択 演習科目 指導教員以外の演習(1)(2) 0 8 20
単位
(以上)
講義科目 領域・コースにとらわれず自由に選択※
修了単位 30
単位
(以上)

※ただし、修士課程1年制コース「基礎選択科目」を含まない。

修士課程1年制

  1. 修士課程 1年制コースの修了要件は、通常1年以上2年以内在学し所要の授業料目について30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査および試験に合格しなければなりません。合格者には「修士(スポーツ科学)」の学位が授与されます。
  2. 前項の30単位は、次のように履修します。
  • トップスポーツマネジメントコース/スポーツクラブマネジメントコース/
    健康スポーツマネジメントコース/介護予防マネジメントコース
必修⁄選択 科目区分 科目の説明 修了要件
必修 研究指導 合格
修士論文 合格
演習科目 所属する研究指導の演習(1)A・B 4単位
マネジメント科目 6単位(以上)
選択 演習科目 所属する研究指導以外の演習(1)
※8単位以内
30単位より必修科目で取得した単位を除した単位数
・マネジメント科目
・基礎選択科目
・講義科目等
領域・コースにとらわれず自由に選択
(2年制コース設置科目を含む)
修了単位数 30単位(以上)
  • エリートコーチングコース
必修⁄選択 科目区分 科目の説明 修了要件
必修 研究指導 合格
修士論文 合格
演習科目 エリートコーチング演習(1)A・B
エリートコーチング総合演習
スポーツ科学演習
8単位
講義科目 論文作成技法 2単位
マネジメント科目 8単位
選択必修 講義科目 8単位(以上)
選択 演習科目 所属する研究指導以外の演習(1)A・B 30単位より必修科目で取得した単位を除した単位数
・マネジメント科目
・基礎選択科目
・講義科目等
領域・コースにとらわれず自由に選択
(2年制コース設置科目を含む)
修了単位数 30単位(以上)

修士1年制は社会人向けの講座です。

トップマネジメントコース/スポーツクラブマネジメントコース/健康スポーツマネジメントコース/介護予防マネジメントコースについてはほとんどの授業科目が『早稲田キャンパス』で開講されます。さらに、その時間帯も夜間(18時以降)および土曜日(終日)が中心です。エリートコーチングコースについては主に『所沢キャンパス』で昼間に開講されます。

入学には一定の要件を満たしていることが必要です。

スポーツ科学研究科修士課程1年制の入学判定においては、それぞれのコースで求められる要件を前提とし、応募書類の審査を経て、面接試験の成績を加味して、総合的に判定します。詳細は「入学試験要項」をご確認ください。

博士後期課程

  1. 博士後期課程の修了要件は、通常3年以上6年以内在学し、論文作成のために必要な研究指導を受けたうえ、博士論文の審査および試験に合格しなければなりません。合格者には「博士(スポーツ科学)」の学位が授与されます。
  2. 授業科目について必要な単位はありませんが、指導教員の指示により、修士課程の授業科目を履修しなければならない場合があります。

博士学位申請に関する手続きについて

 

課程内博士、課程外博士それぞれの博士学位取得に関する提出書類等の概要および申請様式をWindows版MS-Word 形式にて掲載しました。各自ダウンロードすることができます。

詳しくはこちら

  • Windows Word2000形式で作成しています。
  • 各様式は、お使いの個々の動作環境によって、不自然な罫線のずれや改行、または文字化け等不具合が発生する場合があります。その場合は個々の動作環境にかかるお問い合わせには応じかねますので、お手数ですが適宜修正を施してご使用ください。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsps/gsps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる