Graduate School of Sport Sciences早稲田大学 スポーツ科学研究科

News

ニュース

7月3日(金)14:00~東伏見キャンパスにてシンポジウムを開催「運動器超音波の臨床・研究応用の可能性を探る」

運動器超音波研究会シンポジウム

「運動器超音波の臨床・研究応用の可能性を探る」

東伏見キャンパス2015年7月3日(金)

 

7月3日、本学東伏見キャンパスにて、東京体育学研究会主催の運動器超音波研究会シンポジウムが開催されます。テーマは、「運動器超音波の臨床・研究応用の可能性を探る」です。運動器超音波についてご興味のある方はどなたでも無料で参加できます。多くの方のご来場をお待ちしております。
【開催概要】

日時:2015年7月3日(金)

場所:早稲田大学東伏見キャンパス 79号館 205会議室
参加費:すべて無料
【内容】

114:00~16:00 シンポジウム

テーマ:「運動器超音波の臨床・研究応用の可能性を探る」
共催:東京体育学研究会

司会:川上泰雄(早稲田大学スポーツ科学学術院)

講演者:
・田沼 和((株)ヘルスマトリックス代表)
運動器超音波研究会の趣旨 - 超音波で運動器の「かたち」と「はたらき」を可視化する-

・奥野裕次(江戸川病院 運動器カテーテルセンター)
痛みの治療における運動器の血流制御に関して

・西原 賢(埼玉県立大学)
超音波画像処理による「筋の質」と運動機能との比較

・坂本哲也(接骨 鍼灸 介護 こうふく代表)
圧痛のある靱帯・腱組織に存在する血流:超音波法によるケーススタディ

・佐藤和伸((株)インターメディケア代表)
肩の Impingement Syndromeから腱板断裂に至るまでの動的評価

・嶋木敏輝(嶋木接骨院代表)
肘部表在血管とプローブに掛かる力の関係について

・川上泰雄(早稲田大学)
ふくらはぎの筋・筋膜コンディショニングが足関節可動性および足部の変形性に及ぼす影響

第2部16:30~18:00 東京体育学会平成27年度第1回研究会
テーマ 骨格筋の「硬さ」研究最前線
共催:運動器超音波研究会
司会 川上泰雄(早稲田大学スポーツ科学学術院)

・村山光義(慶應義塾大学体育研究所)
筋硬度計測の意義と押圧式筋硬度計測の実際

・稲見崇孝 (早稲田大学スポーツ科学学術院)
筋の硬さと超音波エラストグラフィ

総合討議

20150703

◆申込:下記メールアドレスに、お名前、ご所属をご連絡ください。

事務局(斎藤輝)宛 [email protected]

◆問合せ先:川上泰雄(早稲田大学スポーツ科学学術院・教授)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsps/gsps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる