Global Japanese Studies早稲田大学 文学学術院 国際日本学

Education

教育活動

国際日本学コース(Global Japanese Literary and Cultural Studies:Global-J)について

早稲田大学大学院文学研究科には、将来の日本学研究を国際的ステージにおいて牽引していく研究者や教育者を養成することを目的として、2018年9月に国際日本学コース(Global Japanese Literary and Cultural Studies:Global-J)の博士後期課程が設けられました。そこでは、世界第一線で活躍する研究者の指導のもと、日本と世界各地域がそれぞれに蓄積してきた日本文学・文化研究の方法論と成果を融合させ、英語と日本語によるハイブリッドな教育・研究活動を行ってきております。

さらに、2021年4月からはこのコースに修士課程も新設されました。修士課程においては、博士後期課程に進学して日本学研究をさらに究めていくことをめざす人材を養成することはもちろんですが、それだけではなく、高度な言語力と「日本学」の専門的な知識などを体得した上で国際的企業・国際機関などにおいて活躍しうるような人材をも養成していきます。

国際日本学コースでは、日本の文学・演劇・歴史などの研究分野を牽引してきた早稲田大学の教員たちだけでなく、国際的にきわめて高い評価を得ているコロンビア大学・UCLAの教員たちも共同して研究指導にあたります。また、コロンビア大学とのダブルディグリープログラム、UCLAとの相互派遣プログラムなども用意されております。さらには、豊富な蔵書数を誇る大学図書館、また角田柳作記念国際日本学研究所(The Ryusaku Tsunoda Center of Japanese Culture)などが開催する国際シンポジウム、講演会等々、早稲田大学だけが提供しうる理想的な環境のもとで、世界に羽ばたいてゆく人材を育てます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/gjs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる