Waseda University Archives 早稲田大学 大学史資料センター

その他

照屋佳男「社会科学部今昔物語 ゼミという共同体」『社会科学部報』第48号、2006年

すぐれた歌人佐藤佐太郎の歌に「道の上にあゆみとどめし吾がからだ火の如き悔に堪へんとしたり」というのがある。己一個に関してであれ、己の属する組織に関してであれ、人は、「火の如き悔」に襲われ、「道の上にあゆみとどめる」という経験をする事があるものだが、今は、そういう観点からではなく、可能な限り〈自己肯定的〉な観点から、〈社学と私〉について語る事にしよう。

2_2_本文_学部報48号(今昔1)2006

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/archives/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる