Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

その他

縄文土器(深鉢)

タイトル

縄文土器(深鉢)じょうもんどきふかばち
Jomon Pottery (Deep Bowl)

作者

茨城県・興津貝塚
Okitsu shell mound, Ibaraki Prefecture

サイズ

高30.0cm 口径40.0cm
Height 30.0 cm, diameter 40.0 cm

制作年

縄文時代前期
Early Jomon period

備考

08AK065

概要

千葉、茨城県方面に前期後半に分布する興津式土器の標識例である。深鉢が基本をなす。本例は胴部で大きく膨張する平縁の器形を呈するが、くびれをもたずに、底部から直口気味に口縁部にいたるものも多い。特殊な例として、器形を舟形様に圧搾した資料もある。体部の文様は、平行沈線と間を埋める貝殻腹縁の爪形文や連続押圧文からなるが、磨り消し手法を用いて幾何学的文様を描いている

This is a standard example of Okitsu-style earthenware from the latter part of the early Jomon period that were found around Chiba and Ibaraki prefectures. Deep bowls are the most dominant type of such ware. This is a flat-edged bowl that expands widely toward the base. However, there are also many that extend in a somewhat straight manner from the bottom without any curves. Although rare, there are also some with a compressed, boat-like shape. The patterns on the body are composed of parallel grooves, and the nail-impression patterns made using the top ridges of shells and continuous impression patterns, which fill the gaps between the lines. Geometric patterns are depicted using the mark-erasing method.

Related Articles 関連記事

布袋すたすた坊主図
鶴図
三彩馬
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる