Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

その他

三彩馬

タイトル

三彩馬 さんさいば
Three-color-glazed Horse

サイズ

高76.5㎝ 長81.5㎝
Height 76.5 cm, length 81.5 cm

制作年

中国、唐時代 7~8世紀
Tang dynasty, 7th-8th century, China

備考

蔵品番号 彫B-9
Collection No. 彫B-9

概要

唐時代には名馬が西方から続々と輸入されたと伝えられ、見事な馬の俑が多数作られ、また墓室の壁画にも数多く描かれている。これもたてがみを肩口の一つかみと額を残し短く刈り込んだ、凛々しい白馬である。頭は小ぶりで首の付け根が太く、脚が長く引き締まった身体、尾を短くくるりと巻いて束ねるなど、典型的な唐の馬の様式を示す。額や鼻先、胸、臀部に杏葉(ぎょうよう)をささげた馬絡をめぐらし、鞍をつけ、頭を挙げやや左に向けて佇む。たてがみと尾、蹄に褐釉を、杏葉には緑釉を施し、鞍下の障泥にかけ分けた褐釉と緑釉が白い馬体に映えて美しいアクセントとなっている。

It is said that many fine horses were imported to China from the West during the Tang dynasty. Many life-like images of horses were produced. They are also many depicted in burial chamber wall paintings. This is a valiant white horse with a mane trimmed short except for a handful by its shoulder and forehead. It has a small head with a thick neck at the base. The legs are long and the body is firm. The tail has been bundled and wrapped short, which is typical of horses of the Tang period. The forehead, tip of the nose, chest and buttocks have ornamental fastenings featuring apricot leaves. The saddled horse stands with its head raised and facing slightly to the left. Brown glaze is used on its mane, tail and hooves. The apricot leaves are in green glaze, while the brown and green glaze on the saddle’s mud guard creates a beautiful accent against the white horse.

Related Articles 関連記事

布袋すたすた坊主図
鶴図
五彩婦人図盤
白地鉄絵龍鳳文四耳瓶
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる