Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

その他

五彩婦人図盤

タイトル

五彩婦人図盤 ごさいふじんずばん
Dish with Ladies Design in Overglaze Enamels, Ko-akae type

作者

古赤絵(こあかえ)
Ko-akae type

技法

景徳鎮窯
Jingdezhen ware

サイズ

高6.0㎝ 径31.0㎝
Height 6.0 cm, diameter 31.0 cm

制作年

中国、明時代、嘉靖年間(1522〜1566年)頃
Ming dynasty, around Jiajing era (1522-1566), China

備考

重要美術品
蔵品番号 陶磁B-74
Important art object
Collection No. 陶磁B-74

概要

赤を主体に緑と黄を用いて、見込みに庭園で水盤に向かう婦人と侍女を、内外の側面に粗く速い筆致で花唐草文を描く。高台内には二重円圏内に赤で「陳文顕造」の陶工名らしき銘が記される。赤絵とは、高火度釉のかかった素地に上絵具で文様を描き、低火度で焼き付けた陶磁器の日本における呼称で、中国では五彩という。古赤絵はとくに明代の正徳~嘉靖年間(1506~66年)を中心に景徳鎮民窯で焼かれたものを指し、東南アジアや中近東、日本などに輸出され、珍重された。

With red as the main color, a woman and maid-in-waiting, heading toward a water basin in a garden, are depicted in the center of the dish in green and yellow. A flower arabesque design in swift, rough strokes is painted on the sides of the front and back of the dish. What appears to be the name of the potter “made by Chen Wenxian” can be seen in red within a double center under the foot of the dish. Called Akae in Japan (Wucai in Chinese), designs are drawn with overglaze enamel on the base material covered with high-fired glaze. It is then fired at a low temperature. The ko-akae type refers to those wares fired at private kilns in Jingdezhen primarily between 1506-1566 during the Ming dynasty. They were exported to Southeast Asia, the Middle East and Japan, and were much prized.

Related Articles 関連記事

布袋すたすた坊主図
鶴図
三彩馬
白地鉄絵龍鳳文四耳瓶
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる