Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

その他

法華経絵(Ⅰ)

タイトル

法華経絵(Ⅰ)ほけきょうえ
Hokekyō (Lotus Sutra) Painting (I)

技法

綾本著色
Color on twill-weave silk

サイズ

65.5×75.1㎝

制作年

室町時代(15世紀前半)
Muromachi Period, 15th century, Japan

備考

重要美術品
蔵品番号 絵D-1-1
Important art object
Collection No. 絵D-1-1

概要

かつて大分の宇佐八幡宮の神輿に取り付けられていた障子絵のうちの1面。鎌倉時代・1307年(徳治2年)の作品の図柄を踏襲し、室町時代・1420~21年(応永27~28年)に京都の絵所絵師加賀守により描かれた。本作は法華経の提婆達多品第十二の内容に基づき、霊鷲山で菩薩に囲まれ説法する釈迦如来を中心に、宝珠を奉る龍女と、山中の仙人(悪人である提婆達多の前世)に教えを乞うため薪採りや水汲みをして仕える童子(釈迦の前世)が描かれている。

This is one panel of the shoji-e sliding door painting that used to be on the portable shrine of the Usa Hachimangu Shrine in Oita. It was painted between 1420-21 by Kaga no Kami, an artist in Kyoto who worked for the Imperial Court, during the Muromachi period following the design of a work created during the Kamakura period (Tokuji 2, 1307). The painting is based on a scene from the Devadatta chapter (12th chapter) of the Lotus Sutra. At the center is Shaka Nyorai (Buddha), who is surrounded by bodhisattva to whom he is giving his sermon on Vulture Peak in India. Also depicted are the Dragon King’s daughter presenting a precious gem, and a child (Buddha in a previous life), serving by gathering firewood and drawing water, so that he could learn the teachings of a mountain hermit (Devadatta – a villain – in a previous life).

Related Articles 関連記事

布袋すたすた坊主図
鶴図
三彩馬
五彩婦人図盤
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる