Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

その他

八乳方格規矩鳥獣文鏡 

タイトル

八乳方格規矩鳥獣文鏡
はちにゅうほうかくきくちょうじゅうもんきょう
Mirror with design of TLV pattern and birds, and with inscriptions.

サイズ

径18.3㎝
Diameter 18.3 cm

制作年

後漢前期
Early Later Han

備考

會津八一コレクション
The AIZU Yaichi Collection

概要

半球状の鈕(つまみ)の周りに方格をめぐらし、その外側にTLV字形の規矩文を配した鏡である。方格内には十二支銘が小乳を挟みながら記され、規矩文の間には細線による鳥文が計八つ配される。方格と規矩文は漢代に流行した双六の一種「六博(りくはく)」の盤から借用した図案といわれ、方格を四角い大地に見立て、規矩文は大地と円形の天を繋ぐ装置をあらわしたものとする解釈がある。鳥文が配される区画の外側に銘帯があり、「尚方作竟真大巧上有山人不知老渇飲玉泉飢食」と判読できる。漢代の官営工房「尚方」の作としてその技巧を誇る。「竟」は「鏡」、「山人」は「仙人」の省画で、漢代に隆盛した神仙思想を色濃く反映している。

This is a round mirror with a square pattern in the middle around the knob and surrounded by a TLV pattern. Within the square patterns are the 12 animals of the Chinese zodiac across small nipples. A total of eight designs of birds depicted in fine lines are placed between the four spirit animals. The square patterns and four spirit animals are said to be a design borrowed from a board game called Rikuhaku that was popular during the Han dynasty. One interpretation is that the patterns represent the earth, while the four spirit animals are said to represent a device that links the earth and the heavens. The meitai, which is on the outer edge of the back of the mirror surrounding the birds, contains a legible inscription about how spectacular the work by Shang Fang is and refers to mountain people. The mirror boasts the great technique as the work of the Shang Fang government craft center of the Han period. Mountain people are mentioned in the inscription and refer to mountain hermits. It strongly reflects the Taoist concept of immortality that bloomed during the Han dynasty.

Related Articles 関連記事

布袋すたすた坊主図
鶴図
三彩馬
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる