Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

その他

《コンセルジュ》習作

 

タイトル

《コンセルジュ》習作 Concierge (Study)

作者

北 蓮蔵(1876~1949) Renzo Kita

技法

カンヴァス・油彩 Oil on canvas

サイズ

41.0×35.5cm

制作年

1929年(昭和4年)

備考

第10回帝展出品作品習作 渡邊伸子氏寄贈
Study for the work exhibited at the 10th Exhibition of the Imperial Fine Arts Academy. Donated by Nobuko Watanabe.

概要

北蓮蔵(1876年- 1949年〔明治9年- 昭和24年〕)は岐阜生まれ。1889年(明治22年)上京、山本芳翠に師事。1897年(明治30年)東京美術学校選科入学。芳翠の助手として舞台背景画の制作に携わり、帝国劇場背景部の主任も務めた。明治期の白馬会、大正・昭和期には文展・帝展に出品し、無鑑査出品資格も有した画壇の重鎮の一人であった。また、日露戦争、太平洋戦争にまつわる画作も多く、戦争画研究の上でも欠かせない存在となっている。

Renzo Kita (1876-1949) was born in Gifu Prefecture. He moved to Tokyo in 1889 and studied under Hosui Yamamoto. In 1897, he enrolled in an elective course at the Tokyo School of Fine Arts. As Hosui’s assistant, he was involved in the painting of stage backdrops. He also served as a foreman in the backdrop division of the Imperial Theater. During the Meiji period, he showed his works at the Hakubakai Exhibition, and during the Taisho and Showa periods, at the Ministry of Education Art Exhibition and the Exhibition of the Imperial Fine Arts Academy. He was a leading artist whose works were qualified to be shown without undergoing a screening process. Many of his works have the Russo-Japanese War and the Pacific War as its theme. They are indispensable in war painting research.

Related Articles 関連記事

布袋すたすた坊主図
鶴図
三彩馬
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる