Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

その他

阿蘭陀船入津ノ図

タイトル

阿蘭陀船入津ノ図
Oranda-sen Nyushin no Zu (View of a Dutch Ship Arriving at Port)

作者

大和屋版
Published by Yamatoya

技法

紙本木版色摺
Colored woodblock print on paper

サイズ

35.4×23.9cm

制作年

江戸時代後期
Late Edo period

備考

富田万里子氏寄贈
Donated by Mariko Tomita

概要

長崎版画は江戸時代中期から明治時代初期まで長崎で刊行された版画。長崎版画のほかに長崎絵、長崎古版画などの呼称がある。当時唐人と呼ばれた中国人、オランダ人などの外国人や、唐船、阿蘭陀船といった外国船を描いたものと長崎の地図がある。江戸時代数少ない国際交易港として栄えた長崎で土産として買い求められた。長崎版画をまとまって所蔵するのは、神戸市立博物館、長崎県立歴史博物館などで、東日本では当館のみである。

Nagasaki hanga are woodblock prints published from the mid Edo period to the early Meiji period. They are also known as Nagasaki-e (Nagasaki prints) and Nagasaki kohanga (old Nagasaki woodblock prints). They depict foreigners, such as the Chinese (known at the time as the Tang dynasty people) and the Dutch, and their ships, and maps of Nagasaki. These prints were purchased as souvenirs of Nagasaki, which prospered during the Edo period as one of the few international trading ports. Museums that possess a large number of Nagasaki hanga include the Kobe City Museum and the Nagasaki Museum of History and Culture. Aizu Museum is the only museum in eastern Japan to house a large collection of these prints.

Related Articles 関連記事

布袋すたすた坊主図
鶴図
三彩馬
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる